buttonSouth by Southwest Music Festival + Conference
@ Austin, Texas (18th - 22nd Mar. '09)

Feature Special SXSW 2009

モリアーティ
@ ヴィクトリアン・ルーム
アット・ザ・ドリスキル (21th Mar. '09)

音楽の街からおとぎの国へ


Moriarty

 けたたましいまでの喧噪に包まれる6番街。幾多のバーが軒を連ねるこの通りに、ひと際大きな存在感を放つ建物がある。それはいかにも西洋的といった高級ホテルで、街中に響き渡る轟音や喧噪とは無関係に思えるのだが、ここもれっきとしたSXSWの正規会場のひとつなのだ。建物の名前はドリスキル・ホテルといい、舞台となるのは1Fにあるヴィクトリアン・ルーム。この部屋の片隅の小さなステージから、モリアーティの物語がはじまる。

Moriarty  モリアーティは紅一点の歌姫、ローズマリーを中心に、ハーモニカ吹きのトマ、主にウッド・ベース弾きのズィム、ギター弾きのシャルルとアルチュールの5人から成る。後者3人に「主に」とつけたのは、後半めまぐるしく楽器を持ち替えていたためだ。5人のほか、ドラムのサポートメンバーを擁したのがこの日の編成。メンバー5人は皆「モリアーティ」と姓を名乗るのだが、これは架空のファミリー・バンドというコンセプトらしい。モリアーティというと、ビート文学の名著「路上」の主人公、ディーン・モリーアティを連想するのだが、ここに端を発するかどうかは定かでないとされている。

 ライヴのはじまりは、古いレコードに針を落とすような感覚があった。ウッド・ベースの低音と、乾いた音を鳴らす2本のギター。3本の弦はどこか荒涼とし、寂れた雰囲気の音世界を醸し出す。それはブルースやフォークなど、古いアメリカ音楽を基盤としたレトロな世界で、そこに迷い込むようにローズマリーの歌が入ってくる。凛とした表情で力強く歌い上げたかと思えば、対照的に寂しさを内包した切なげな様子を見せるなど、声色ひとつで幅広い表現をみせる。表現の幅という点では、歌に寄り添うハーモニカも負けていない。躍動感に満ちたリズムから、もの憂げな様、そしてむせび泣くような音色までさまざまな表情をみせるのだ。ステップを踏むように吹かれるその音は、荒涼とした音世界を不安げに彷徨うローズマリーの足取りを表しているかのようにも思えた。

Moriarty 淡々と演奏された前半に対し、後半になると徐々にペースが上がってくる。ギターは激しくかき鳴らされ、呼応するようにハーモニカのテンションも上がっていく。個々の音が有機的に鳴りはじめ、もはや前半とは異なるバンドを見ているようだった。特に体を揺さぶられたのは最後の数十秒のこと。ステージ上から渾然一体となって放たれる音に会場中が沸き上がった。時間にして約40分程度だったのだが、ずいぶんと長いこと彼らの世界に浸っていたような感覚がある。英語が堪能であれば、彼らの歌う世界をより身近に感じられたのかと思うと、そのことだけが悔やまれるところだ。彼らはこの5月末に来日する予定なので、興味のある方はぜひご覧になってほしい。事前にCDをチェックしておけば、よりその世界が楽しめることと思う。

Moriarty

photos and report by funabashi

==> Feature Special
SXSW 2009 : Intro (JPN | ENG)
==> Smashing Mag
top page : JPN / ENG

buttonMag files : Moriarty

button音楽の街からおとぎの国へ (09/03/21 @ Victorian Room at The Driskill, Austin) : photos and report by funabashi

The official site

Moriarty

http://plankton.co.jp/moriarty/

check 'em? -->MySpace / iTunes


the latest album

Moriarty

"Gee Whiz But This is a Lonesome Town"
(国内盤 + DVD / US import / iTunes)
check the albums?

SXSW 2009

Feature Special
SXSW 2009

intro (JPN | ENG)

REVIEWS & PHOTOS

Overall View

Overall Photo Document


photo reports & reviews

on the 18th

on the 19th

on the 20th

on the 21st

on the 22nd

outro (JPN | ENG)

mag files : SXSW


Staff data base


無断転載を禁じます。The copyright of the articles and photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.