ブンブンサテライツ @ ゼップ大阪 2010.09.25

先鋭的なサウンドから見えた新境地
フォト・レポート @ ゼップ大阪 2010.09.25

ブンブンサテライツ Boom Boom Satelites
ブンブンサテライツ Boom Boom Satelites
ブンブンサテライツ Boom Boom Satelites
ブンブンサテライツ Boom Boom Satelites
ブンブンサテライツ Boom Boom Satelites
ブンブンサテライツ Boom Boom Satelites
ブンブンサテライツ Boom Boom Satelites
ブンブンサテライツ Boom Boom Satelites
ブンブンサテライツ Boom Boom Satelites
ブンブンサテライツ Boom Boom Satelites
 間違いなくブンブンサテライツは今、成熟の時を迎えている。2010年にはアルバム「To The Loveless」(トゥ・ザ・ラブレス)を5月にリリースしてから、ライブハウス1stツアーと名打って全国の比較的小規模なライブハウスを17公演行った。夏期のフェスティバルには、「アラバキ・ロック・フェスト10」、「ロックス・トウキョウ」、「フジロック・フェスティバル2010」、「ライジング・サン・フェスティバル・イン・エゾ」、「スイート・ラブ・シャワー2010」、「ラッシュ・ボール2010」の6本に出演。

 9月17日より、2ndツアーとして「福岡ドラムロゴス」、「ゼップ仙台」、「ゼップ名古屋」そして大阪へやってきた。彼等の集大成の様な一年のラスト2本のライブとなった。ゼップ大阪には多くの人が詰めかけていた。客席の照明が落ち暗くなると会場は沸き立った。鋭利なギター音、プログラミングされた電子音、照明が見事にシンクロしており、想像以上に今回のツアーのセットを念入りに仕上げてきたかが伝わり、気持ちの入ったライブを行ってくれた。ライブ本編の最後に行ったKick It Out(キック・イット・アウト)の歓声は凄まじく、この日のボルテージの最高潮に達した瞬間だった。

 余談だが、ゼップ大阪でのライブは終始MCは少なく、アンコールで登場した時に、ヴォーカルの川島が「こんばんは。ブンブンサテライツです。」と言った場面があり、アンコールでの挨拶に客席は驚いていた。本編、アンコールが終わるとメンバーは「ありがとうございました。ありがとうございました。」とステージ上手、中央、下手にて、何度も丁寧にお辞儀をしていた。その挨拶一つでブンブンサテライツの人柄がわかる場面があった。ダブルアンコールにも答えてくれて、きっと観客はみな大満足で家路についただと思う。

 10月2日にファイナルが東京幕張イベントホールを残すのみとなった。チケットは残りわずかとなっていますので購入を予定されている方はお急ぎください。是非ともブンブンサテライツにとってのメモリアルなライブを目に焼き付けてほしい。
 
— Set List —
1.Back On My Feet / 2.Morning After / 3.Moment I Count / 4.Drain / 5.Undertake / 6.Vapour / 7.Stay / 8.Fogbound / 9.Rise And Fall / 10.Easy Action / 11.Kick It Out
 
— Encore —
1.Dive For You / 2.Dig The New Breed /
 
— W.Encore —
1.Dress Like An Angel

Share on Facebook

Information

Photos:
Hiroshi Maeda
hiroshi@smashingmag.com
Web Site / Facebook /twitter
Hiroshi Maeda's Works

Write a comment