エンズウェック in “1997″ @ 新木場スタジオコースト 2010.10.17

ライブはその場にいる全員で作り出すもの
テキストレポート – エンズウェック「ライブはその場にいる全員で作り出すもの」in 1997 @ 新木場スタジオコースト 2010.10.17

Endzweck
 エフシー・ファイブ(FC Five)のライブが終了し、次にバーステージで行われるライブを見るべく、バー・ステージへと移動した。新木場スタジオ・コーストのバー・カウンターの目の前にあるミラーボールが設置された一角で、ライブが進行される。収容人数は100人ほどの小さいステージである。バー・ステージのトップ・バッターはエンズウェック(Endzweck)だ。1997年に結成されたハードコア・バンドである。海外でのライブも盛んに行い、定期的に世界各国のハードコア・バンドを招いたイヴェントを日本で開催している。日本のハードコア・シーンにおいて欠かすことのできないバンドである。

 12時30分ちょうどにバー・ステージに到着すると、すでに溢れんばかりのオーディエンスでその場が埋め尽くされていた。まさにすし詰め状態である。前方に設置されたステージがまったく見えないほどであった。どんなライブが繰り広げられているのかを視覚的に判断することができなかったが、オーディエンスの熱狂ぶりを後方から眺めているだけでも、白熱のライブがステージ上で繰り広げられていたことが容易に想像ができた。エモーショナルなメロディの中に、叫びの牙が顔を出し、私たちに襲い掛かってくるような感覚を味わった。エンズウェックのライブはいつ見ても心の底に響き渡ってくる。

 中盤のMCで「パンクとかハードコアは、バンドがライブを作るのではなくお客さんが作るものだから。みんなでいいライブを作りましょう。」と言っていた。とても印象的な言葉であった。私の中で、ライブは“見せてもらうもの”という概念があったから、一緒に作るという言葉にはとても衝撃を受けた。パンクやハードコアのライブではモッシュやダイブなどは、ほどんどのライブで起こるはずである。(例外も少なからずあると思う。)私も何も考えずに、音に体が反応して行っていたことが、ライブを作っていたと思うと嬉しい気分になった。

 MCは続いて「ハードコアのライブってどんなものか考えたとき、シンガロング、ダイブ、フレンドリー・スマイル… モッシュもいいよね。モッシュもいてぇなとか思うかもしれないけど、あれはダンスなので、楽しみましょう。僕らは演奏がうまいってわけではないので、みんながいるからライブが成り立ちます。ありがとうございます。」この一連のMCが火に油を注いだ結果となり、狭い空間でサークル・モッシュが起こったり、柵をよじ登ってダイブをする人が増えたりと、一層フロアが激しさを増した。

 “1997”で何かを変えようとするバンド側の思いがひしひしと伝わってくるライブであった。この小さな渦がいずれ大きな波となって、日本のライブハウスシーンを変えてくれるに違いないと思う。
Endzweck

–>Frontier Backyard

Share on Facebook

Information

Photos:
Terumi Fukano
terumi@smashingmag.net

Terumi Fukano's Works

Text:
Itsumi Okayasu
okayasu@smashingmag.net

Itsumi Okayasu's Works

Write a comment