ハンバートハンバート @ 日比谷公園大音楽堂 2010.04.04

本音の言葉があふれた音楽
テキスト・レポート 「本音の言葉があふれた音楽」 – ハンバートハンバート in Watching The Sky 2010 @ 日比谷公園大音楽堂 2010.04.04

Humbert Humbert
 日々の嬉しさや歓び、悲しみなどあらゆる感情があふれた音楽を作り出すハンバートハンバート。話しかけるように歌われる楽曲達は、まるでひとつの物語を聞いているかのようだった。
 
 当日の約2週間前に、第2子の妊娠を発表したヴォーカルの佐野遊穂。産休に入るため、東京近郊での長時間に及ぶライヴは当分行なわないとのこと。そんな報告を耳にしたこともあって、ひと時も見逃すまいとスタート前から待ち構えてしまった。会場に来ていた多くのオーディエンスも、同じ気持ちだったのではないだろうか。

Humbert Humbert
 ライヴは佐藤良成のヴァイオリンと、サポートメンバーによるマンドリンの掛け合いからスタート。途中でドラムの音が加わり、すぐにヴォーカルの佐野遊穂が登場した。彼女の歌声が音に重なると、頭の中に予想を越えた景色の数々が。まるで絵本のページをめくるようである。それほど歌にカラフルな表情が宿っているのだ。
 
「今年の秋頃に、新しいアルバムを出します」。1曲目が終わったところで、そんな嬉しい知らせを聞かせてくれる。今後の活動への期待が高まる中、続いて「荒神さま」や「逃避行」の演奏に。怒りなどの負の心情を隠すことなく、描かれる彼らの詞世界。まるで聴く者の心の深くにある本音を、呼び覚ましてくれるようである。
 
 後半には、幸福感のある歌詞が印象的な、「天井」を披露。誰かを愛しく想う気持ちが含まれた世界観に、思わず顔が緩んでしまう。演奏終わりには、「立って揺れた方が暖かいよ」とオーディエンスに声を掛ける佐藤良成。そのMCに反応するように、「罪の味」からは会場にいるみんなが総立ち状態に。観客達は次第にリズムに合わせて体を揺らし、一緒に歌を口ずさんでいく。曲終わりに起こる大歓声のたびに、彼らがステージから放つパワーを改めて感じることができた。
 
Humbert Humbert
 そして懐かしい雰囲気の漂う、「おいらの船」では、歌いながら元気に飛び跳ねる佐野遊穂の姿が。それを見たオーディスンスも、ポケットに手を入れながら飛び上がるなんて一幕も。見ているだけで、気持ちが温まる光景である。ラストナンバーには、彼らの定番曲でもある、「おなじ話」を演奏。純粋な愛情と親しみやすさに包まれた、ステージを繰り広げてくれた。
 
 童謡のような楽曲を、めいっぱい奏でてくれた彼ら。次にライヴを見るのは産休明けになるだろうか。新曲などが詰まった音源とともに、再び目の前で見られる日を楽しみに待ちたい。ちなみに、現在決まっているライヴはすべて行なわれるとのこと。産休前の残り少ないステージに、ぜひ足を運んでほしいものだ。

Humbert Humbert

Share on Facebook

Information

Photos:
Takehiro Funabashi
funabashi@smashingmag.com

Takehiro Funabashi's Works

Text:
Ai Matsusaka
ai@smashingmag.com

Ai Matsusaka's Works

Write a comment