ジェシー・ハリス (Jesse Harris) @ 日比谷公園大音楽堂 2010.04.04

確固たる力を見せたシンガー
テキスト・レポート 「確固たる力を見せたシンガー」- ジェシー・ハリス in Watching The Sky 2010 @ 日比谷公園大音楽堂 2010.04.04

Jesse Harris

 すっかり日が暮れた頃。このイベントに今年で2度目の出演となる、ジェシー・ハリスがステージに姿を見せる。繊細なメロディラインが耳に残る彼の曲からは、時間の流れをも美しく変容させるような歌のチカラを感じられた。まさに、ずっとその場にいたいと思わせられるライヴである。
 
Jesse Harris
 カントリーやフォークといったジャンルの匂いを残しつつ、都会的な音楽も取り入れるシンガー・ソングライター。今回の春フェスのタイトル名は、彼のアルバム、『ウォッチング・ザ・スカイ』から名付けられたとのこと。昨年の同イベントで、初めて日本の野外フェスを体感した彼。きっとこのフェスには、思い入れも深いことだろう。
 
 ギターを手にしたジェシー・ハリスと、パーカッションのビル・ドブロとの2人編成での出演となるライヴ。彼のステージは、一見とても穏やかなムードで進められていく。けれどシンガー・ソングライターとして、確固たる信念が内側からジワジワと沸き上がってくるのだ。初盤に披露された、「ライト・アズ・ア・フェザー」などでも、余計な小細工は一切ないストレートな演奏が印象的。揺るぎない実力を持ち合わせているのがビシビシと伝わってくる。
 
 中盤には、「ウォッチング・ザ・スカイ」や、「ホワット・ユー・ウオンテッド」などの楽曲を。心落ち着く曲から妖艶さを放つものまでと、様々な曲調を織り交ぜたセットを展開していく。ただどの時間も、彼の歌声があるだけで胸の奥に安心感があるのは確かだ。これもまた魅力のひとつなのだろう。
 
Jesse Harris 終盤には、なんとおおはた雄一がゲストとして登場。ジェシー・ハリスは彼の最新アルバム、『光を描く人』のプロデュースを手がけている。互いの信頼関係が築かれているからか、すべての音が調和しているように感じられてならない。冷え込んだ野外会場の寒さが鈍くなるほど、彼らの奏でる音楽にウットリしてしまった。
 
 そして本編の演奏終わりには、アンコールまでも行なってくれるというサービス精神旺盛な彼。思う存分といえるほどに、ニューヨーク代表と呼ばれる演奏を堪能することができた。このイベントの2日後、彼は横浜のサムズアップにておおはた雄一とのコラボ・ライヴを行なったとか。今後は、どのようなライヴを見せてくれるのだろうか。プロデューサーとしても、活躍の幅を広げる彼にしっかり注目していきたいと思う。

Jesse Harris

Share on Facebook

Information

Photos:
Takehiro Funabashi
funabashi@smashingmag.com

Takehiro Funabashi's Works

Text:
Ai Matsusaka
ai@smashingmag.com

Ai Matsusaka's Works

Write a comment