エイジアン・ダブ・ファウンデーション (Asian Dub Foundation) @ 名古屋クラブクアトロ 2011.03.05

頭の芯までビート天国
フォト・レポート @ 名古屋クラブクアトロ 2011.03.05

Asian Dub Foundation
Asian Dub Foundation
Asian Dub Foundation
Asian Dub Foundation
Asian Dub Foundation
Asian Dub Foundation
Asian Dub Foundation
Asian Dub Foundation

The Qemists

 ザ・ケミスツが単独ツアーかと思わせるライブをぶちかました後、転換が終わると会場から大きな歓声が上がる。当然ながらメインの登場に、さらに会場の熱気があがる。

 薄暗い照明のもと、DJのサンJとパーカッションのプリトパルが登場。ギターのチャンドラソニック、ベースのマーティンが加わり、前作から「ブライド・オブ・パンカラ」が始まる。静かな立ち上がりに、暴れる意欲満々の会場もやや不満気。しかし曲がおわるやいなやアクターベイターとアル・ラムジェンが登場し、一気にダブモードに突入。頭の奥に響く重低音と縦乗りのビートに、会場全体がおおきなうねりになって、跳ね、踊り、叫ぶ。ケミスツのステージでも十分に盛り上がっているかと思ったが、完全に凌駕するほどの会場の盛り上がりがすさまじい。

 この日のライブセットは新旧交えたまさにベストな選曲。途中、チャンドラソニックが「リビアに、チュニジアに」というメッセージをこめて最新作から「ヒストリー・オブ・ナウ」を披露。そのMCの瞬間、少しだけ会場の盛り上がりが止まったかのような錯覚を感じた。それもあっという間にビートに流されて消えていく。アンコールの「フォートレス・ヨーロッパ」では一番の盛り上がり。まだまだ踊り足らない会場も、暴れ狂う。ラストは「レベル・ウォリアー」で、大ジャンプの応酬。ケミスツからおよそ2時間以上のビート天国に幕を下ろした。

— set list (原文のまま) —

Bride of Punkara / Rise / Take Back / Urgency / Target / London Eye / Speed of Light / History of Now / Future Proof / Burning Fence / Flyover / Dhol Rinse Jam / Naxalite / Oil
— encore —

Fortress / Rebel

Share on Facebook

Information

Photos:
Yoshitaka Kogawa
yoshitaka@smashingmag.com
Web Site / twitter
Yoshitaka Kogawa's Works

2 Responses to “エイジアン・ダブ・ファウンデーション (Asian Dub Foundation) @ 名古屋クラブクアトロ 2011.03.05”

Comment from dagod
Time 2011年3月9日 at 9:13 PM

DJ(Turntable)はSun-Jですよ^^
Pandit Gは、08年・今回と来日していないはずですが…

Comment from editor
Time 2011年3月10日 at 11:45 PM

ご指摘ありがとうございます!修正させていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。

Write a comment