ウィルコ・ジョンソン (Wilko Johnson) @ 心斎橋クラブクアトロ 2011.04.06

これぞ、パブ・ロック
フォト・レポート @ 心斎橋クラブクアトロ 2011.04.06

ウィルコ・ジョンソン
ウィルコ・ジョンソン
ウィルコ・ジョンソン
ウィルコ・ジョンソン
ウィルコ・ジョンソン
ウィルコ・ジョンソン
ウィルコ・ジョンソン
ウィルコ・ジョンソン
ウィルコ・ジョンソン
ウィルコ・ジョンソン

  この日は本編ライブの前に、4/9公開の映画『ドクター・フィールグッド ~オイル・シティ・コンフィデンシャル』特別編集バージョンが30分上映された。

 まもなくしてウィルコ・ジョンソン・バンドがステージに現れると、オーディエンスは今流れていた映像を確かめるかのように、じっくりと聴き入っていた。一見元気がなさそうに見えたオーディエンスだったが、中盤「Roxette」からの盛り上がりっぷりときたらなかった。そして、ウィルコ・ジョンソンのサービスっぷりにも大興奮。ギターをマシンガンのように抱えかき鳴らしまくるかと思いきや、右へ左へと駆け出し、端から端まで狙い撃ち。眼光の鋭さにドキッとしていると、目をまん丸に見開いていかにも楽しそうに笑顔を見せる。気がつけば会場は、映画の中のパブさながらの熱狂の渦に飲み込まれていたのだ。

「バック・イン・ザ・ナイト」の前に、「I love Japan」と励ましてくれたウィルコ・ジョンソンに「ありがとう」の声が次々と挙がっていたこと、アンコールでチャック・ベリーの「バイ・バイ・ジョニー」のカバーでコール・アンド・レスポンスをしたこと、それより何よりこの時期に日本に来てくれたことを、我々は決して忘れないだろう。(この日のバンドはセットリスト無しで演奏していた!?とのことで、セットリストの詳細はありません)

『ドクター・フィールグッド ~オイル・シティ・コンフィデンシャル~(原題:Oil City Confidential)』
出演:リー・ブリロー(ボーカル・ハーモニカ)、ウィルコ・ジョンソン(ギター)、ジョン・B・スパークス(ベース)、ジョン・マーティン(通称ビッグ・フィガー)(ドラムス)
監督:ジュリアン・テンプル
2009年/制作国イギリス/106分/カラー/原題:Oil City Confidential
(C)Copyright 2009 Cadiz Music Ltd
2011年4月9日(土)シアターN渋谷他全国順次公開

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment