アイシス (Isis) & バロネス (Baroness) @ 名古屋クラブクアトロ 2010.03.04

壮絶の向こう側を知らしめる共演
テキスト・レポート「壮絶の向こう側を知らしめる共演」 @ 名古屋クラブクアトロ 2010.03.04

Baroness

 コラムにも取り上げさせてもらった、待ちに待った2バンドがひなまつりより日本襲来! ハードコアや哲学的なコンセプトを拠り所に様々なジャンルの音楽を貪欲なまでに吸収し、深化の過程を止めない孤高の先鋭ヘヴィロック求道者・アイシス。そして、ヘヴィロックやメタルを基盤として、ブルースやサイケ、パンクにプログレ等のエッセンスを加味し、豪快に煮込んだ独創的サウンドで着実に認知を高めているバロネス。各地で絶賛されるライヴパフォーマンスを武器に登りつめてきたこの二バンドの共闘は、観客の恐ろしいぐらいの少なさにも関わらず、予想以上に魂の底から震えを覚える壮絶なものとなった。
 
Baroness まず先手でステージに降臨したバロネス。彼等が披露したパフォーマンスは見事だった。そして、驚愕だった。年間200本を越えるというライヴでストイックに鍛え上げてきた彼等のパフォーマンスは紛れも無く本物。ダイナミックで力強い演奏とダーティな絶叫が異様な興奮を全身の隅々まで伝え、芯から熱くしてくれた。だが、そうした表面的な昂揚感をもたらすだけでなく、破壊的でありながら、前述したようなジャンルの掛け算によって芸術性すら感じさせてくれる奇怪なアート感覚を備えている。知性を湛えた複雑な構築・展開のもと、馬力と重量感のあるサウンドを豪快に叩きつけ、地を割るような強い衝撃波が会場をかっさらう。"ヘヴィロック+プログレ"という凡庸な例えでは到底辿り着けない、サウンドの破壊力とデザイン力はそれほどまでに秀逸だ。豊穣な叡智と尖ったセンスの上でしっかりと成り立っている。特に中盤に披露された"ザ・バーシング"での激しいテンポチェンジを繰り返しながらリフによる砂嵐が猛烈に襲い掛かる様は圧巻の一言で、今日一番のできだったと個人的には感じている。
 
Baroness また、彼等の特徴として"泣き"がしっかりと楽曲ごとに貫かれていることもあげられるだろう。渋い哀愁を感じさせるブルージーな泣きのハーモニーが所々に配され、過剰なまでに劇的な展開を支えるスパイスとなって機能していた。大波小波の熱波が絶えず襲ってくる中で、時に胸をギュッと掴まれた感覚になるのもそういった繊細さにホロリとさせられるからだろう。陽気さと爽快さをも詰め込んだ"ア・ホース・コールド・ゴルゴダ"では、縦横無尽に乱舞する勇壮なリフと繊細なメロディ・ラインの蠢きが自在の緩急で衝突して、きっちりと化学反応を起こしていたのも印象深い。
 
 アイシスと比べると随分と熱気のあるライヴできっちりと盛り上げてくれたバロネス。熱の高まりも、涙腺の緩みも、叙情が高まるパワフルなステージの前では当然なことなのかもしれない。これでまだまだ現在進行形。だが、バロネスは間違いなく本物だ!
 

Isis

 バロネスの残した喧騒が冷めやらぬステージ上を見回すと、いつの間にか、アイシスの面々がこれまでと変わることなく、自分たちの機材のセッティングをしている姿が目についた。丁寧に楽器を調整しているその姿に、これからどんなステージが繰り広げられて行くのか? という期待値を高められていく。とはいえ、メンバーの逞し過ぎる表情があまりにもアスリート然としていて、近寄りがたいと思わせるぐらいの集中力の高まりを感じさせた。ミリ単位で音を研ぎ澄まし、会場に合わせた音色を嗅ぎ分ける感覚も当然ながら抜群で、一音一音が共振・共鳴しながら壮大な音塊となっていく彼等のステージはこういった初動が大切なのだということを改めて思い知らされる。
 
Isis そんな万全の準備をいつも通りにしっかりと整えた後、アイシスのライヴは幕開けを告げる。この日も当然ながら、ワールドツアーの一環で最新作『ウェイヴァリング・レイディアント』からの出典がメインであったが、ツアーの初日であった去年の来日公演と比べると、格段にダイナミックな力強さとしなやかな麗しさを増しており、完全にあの作品を血肉化することに成功している。絨毯爆撃の如し重厚なリフも、たおやかな表情さえ見せるグルーヴィーなベースも、的確に楽曲を先導するドラムも、深遠な雰囲気を助長するキーボードも、歌と絶叫のコントラストがよりくっきりしたヴォーカルも、あの作品を表現しきる上での"気"が存分に漲っていた。
 
Isis 当然、バロネスの様に派手に盛り上がる感じではないのだが、内側から蝕み、精神の根底から揺さぶりをかけるアイシスのライヴには不思議な中毒性があるように思う。緻密なアンサンブルから細やかに一音・一音を配し、それらを密接に結びつけ、共鳴しながらドラマティックな大爆発へと繋がっていく様は、何度(といっても3回目だが)見ても"とてつもない"という感情が頭をよぎる。神がかった凄まじい磁場をどこまでも広げゆく孤高の世界は圧倒されるほか無いのだ。ライヴでこそ最大限に増幅されるダイナミズム、静と動の深い交歓による激しくも大らかなグルーヴ、意識の深層をグイグイと引きずり込む求心力…etc。ヘヴィネスの奥深さを知り尽くした彼等だからこそのレベルにまで到達している。そんな音を浴び続ければ、聴き手の五感も極限まで澄まされていくのは当然なのかもしれない。気づけば、彼等の業深い世界の前に陶酔しきっている。
 
Isis 特に印象に残っているのは、もの悲しいトーンのギターをループからクライマックスにて灼熱の激情を破格の轟音とともに叩きつける"キャリー"、漆黒の嵐のようなリフが延々と闇の層を成していく"セレッシャル"のラスト2曲。人々は、アイシスの紡ぐ音に導かれるままに頭を前後に激しく揺らしていた。かくいう自分もまたもや打ちのめされてしまって、意識ここにあらずの状態であった。この戦慄と至福、やっぱり並の体験では味わえない。
 
 ちなみに"セレッシャル"の最後の最後でお客さんにギターを弾かせ、エフェクターをなぶり続けたアーロン・ターナーにも強い印象が残っている。また、彼の最後に放った『ありがとう』という言葉にも。
 
 この共闘が見られるのも3月6日(土)の渋谷オーイーストで最後。アイシスの紡ぐコンセプチュアルかつ鮮烈な音世界、バロネスの激しく揺れ動く超強烈な熱波、体感して初めてわかる凄さがここにある。

Isis

Share on Facebook

Information

Photos:
Takumi Nakajima
takumi@smashingmag.net
Web Site / twitter / blog
Takumi Nakajima's Works

Text:
Takuya Ito
takuya@smashingmag.com
twitter
Takuya Ito's Works

Write a comment