ギー(近藤智洋 & 深沼元昭弾き語り)@ 福岡 ドラム・レジェンド 2011.06.11

セットで観たい、1/2ギー・アコースティック
テキスト・レポート「セットで観たい、1/2ギー・アコースティック」@ 福岡ドラム・レジェンド 2011.06.11 

gheee
 6月3日の名古屋からスタートしたギーのツアー、大阪、福岡、札幌では近藤&深沼のアコースティック・ライヴと2デイズいうスペシャル・セットがある。もちろんチケットは単品売りだが、この2本でサード・アルバム『GHEEE III』が全曲聴ける設定なのだから、「セット」と言って間違いではないと思う。このバンドの最大の武器であるツイン・ヴォーカル、それぞれの歌をじっくり堪能できる贅沢な場でもある。

 福岡の会場は老舗ライヴ・ハウス、ドラム・レジェンド。コンパクトなフロアにイスが並べられ、ステージとの距離も近い。バンドでのライヴとはひと味もふた味も違う、濃密な空間ができあがる。「弾き語りはいいかな…」と躊躇している人がいたら、それはもったいない。ミュージシャンの一挙手一投足が手に取るように見える機会なのだから、観ておくべきだろう。

gheee この日の先攻は深沼元昭。バンドのときは完璧を通そうとする緊張感と、うっかり触れられないくらいの熱量で近寄りがたい雰囲気すらあるが、弾き語りでは「後を近藤さんがビシッとしめてくれると思うと、だいぶ気がラクですね(笑)」とリラックスムード。曲ごとに挟むMCも笑いを誘う。こっちの方が素に近いのかも? こうやっていつもとは違う顔が観られるのもスペシャル・セットならではだ。自身のソロプロジェクトであるメロウヘッド、昨年再始動したプレイグス、「『Glee(グリー 踊る♪合唱部!?)』っていうアメリカのドラマを観て、やっぱりいい曲だなと思った」という「Don’t Stop Believin’(ドント・ストップ・ビリーヴィン)」のカヴァーと、たくさん持っている引き出しから選りすぐりの歌を披露してくれる。さらには「まだどんなカタチで出すか決めてないんだけど……」という新曲まで。このツアーのために歌詞を作ったというから、やっぱり観て良かった。何度も繰り返すようだけれど、本当に贅沢としか言いようがない。

gheee 後攻は弾き語りはもう本職中の本職、近藤智洋。なんら身構えることもなく、自然体でステージに上がってきた。1週間前の大阪とは違う曲からスタート。ツアー中であっても、この人は当たり前のようにセットリストを変えてくる。ピールアウトのころからそうだった。ライヴはその時その場所で1回1回違うものだ、という気持ちを無意識のうちに持っているのだろう。そういう姿勢には強い好感を抱く。この日は地元、福岡ということもあってMCも博多弁。後に「こんなに冴えてるのは5年に一度くらい(笑)」と語ったトークはくすくす笑いではなく、爆笑に近いウケをとっていた。(さえに冴えたトークは後半の1/2ギーのセッションまで続く……)。しかし、曲に入ればガラッと空気を変えてくるところはさすが全国をギター1本で回った男。優しくじんわり響くギターと歌で、会場をふわっと包み込んだ。力強く、凛とした音を鳴らす深沼と、どこまでもナチュラルな近藤。同じ弾き語りでもタイプがまったく違う。このライヴは1回で2度おいしい。

 第3部は深沼&近藤の1/2ギー。1曲目は、まだツアー中なので曲名は控えるが、バンドのライヴではやらない新曲をとだけ伝えておこう。これがあってサード・アルバム、全曲コンプリートとなるのだ。続くファースト、セカンドからの曲もなるべく翌日とかぶらないように選曲されている。アコギとふたりの歌だけで聞くギー。メロディとアレンジの良さ、そして何よりツイン・ヴォーカルそれぞれの個性が際立ち、聴きごたえは十分すぎるほど。1回のライヴで2度ではなく、3度おいしいと訂正しよう。曲はもちろんのこと、素に近いふたりの会話をたっぷり楽しめるのもこのセッションのいいところ。スポークスマン深沼のトークを切れ味鈍いつっこみでかき回す天然・近藤。バンドのライヴではここまで話す時間もないので、ふたりの漫才のような掛け合いを観られるのもこの場だけだ。大阪での近藤のパフォーマンスにふれ「今の近藤さんは何をしでかすか分からない」と翌日、そして札幌、東京と続くギー本体のライヴにも期待を持たせて終了したアコースティック・ライヴ。やはりこのツアー、セットで楽しむことをおすすめしたい。

Share on Facebook

Information

Photos:
Nozomi Wachi


Nozomi Wachi's Works

Text:
Nozomi Wachi


Nozomi Wachi's Works

Write a comment