アンアース (Unearth) & ザ・ブラック・ダリア・マーダー(The Black Dahlia Murdur) @ 名古屋クラブクアトロ 2010.05.25

まばゆく燃えたメタルコア
テキスト・レポート 「まばゆく燃えたメタルコア」 @ 名古屋クラブクアトロ 2010.05.25

 2000年前後に台等したメタルコアというジャンルは、今ではここ日本でも数多のバンドの活躍を始めとして広く知られるようになった。その中核を担うまでに成長したアメリカ・マサチューセッツのバンド、アンアースが4度目の来日にしてついにヘッドライナー待遇でツアーに臨むことになった。ダブルヘッドライナーという形で、本来のメタルコアとは一線を画すほどデスメタルに近い個性を発揮するザ・ブラック・ダリア・マーダーが共演を務める。また、テイスト・オブ・ケイオスのオープニング・アクトに続いて名古屋の6人組イーチ・オブ・ザ・デイズがこの共演に華を添える形になった。文字通りのエクストリーム・イベントのDOJO(道場)が4月から6月まで3ヶ月連続で23、24、25と連続開催されてる合間にこうしてメタルコア祭までもが開かれるとは、メタル/ハードコア好きにとっては忙しくも嬉しい限りだろう。

 まずは定刻19時より、地元・名古屋のラウドシーンを担う若手6人組イーチ・オブ・ザ・デイズが強襲。先月には1stEPとなる『ヒストリカル・シープ』を発表した彼等、バンドとしても上昇気流に乗っていることを伺わせる。とはいえ、印象としては1月のテイスト・オブ・ケイオスの大阪公演で見たときとそんなに変わらず。重量感あるリフと繊細な色をつけるメロディアスなフレーズで交互に攻めるギターに、ベースやアグレッシヴなドラム、パーカッションのリズム隊が土台を築き上げ、グロウル(いわゆるデス声)を多用したヴォーカルがそこに絡んで、暴虐のサウンドを奏でていた。そして、アグレッシヴなパートとモッシュパートのメタルコアらしい揺り動かしをキメながら会場の熱気を高めていく。さらに今回は、柔らかいムードに包まれる叙情的なバラード調の曲も用意されていて、幾分かは新鮮に味わえた。けれども、前回感じたように各楽器のバランス感覚があまりよろしくないため、各々の楽器が相殺し合っているような印象を抱いてしまう場面もあったのは否めない。その辺りのバランスは追求していって欲しいところ。地元ということでやりやすそうにしている感じもあったが、意外とアウェイ感もあって、客席の反応が熱い人と冷めた感じの人とで別れてしまっていたのは残念に思った。それでも己の現在の力量や想いは客席の人に確かに届いたはずだ。

 15分と素早い転換が行われた後、19時40分ぐらいからはアメリカ・ミシガン州のメタルコアバンド、ザ・ブラック・ダリア・マーダーが襲来。ベーシストを除いたメンバー4人が日の丸のハチマキをつけての姿にさすがに気合が入ってんなあ!と思ったが(メンバーの容姿はあまりかっこよくないけど)、始まった途端から殺傷力抜群のサウンドで圧倒してくる。とにかく速いし、切れ味が半端ない。グラインドコアやテクニカル・デスメタル辺りを思わせるブラストビートの連発、極悪色の鋭いギターリフが次から次へとたたみかけながら聴き手の精神を決壊させていき、大きな興奮を誘う。その迫力の音からは、豪雨に打ち付けられて、河川は激流状態にあるかのようなイメージが脳裏をかすめる。これもうデスメタルの領域といってもいいだろう。期待した激しいステージにお客さん達も戦闘モードで応え、フロアが一気に密集度を高めてモッシュ・ダイブの嵐と化していた。

 全体の構成としても、潔いぐらいに速さに特化した曲しかやらないため、興奮度をどんどん更新していくような感じだったろうか。そのため、ちょっと一本調子に感じられもしたのだが、極限までエネルギーを搾り出して放出している様には惹かれたのも事実。途中からハチマキとTシャツを脱ぎ、だらしない上半身を露出して暴れまくったヴォーカリスト・トレヴァーのパフォーマンスも楽しめるものだった。ライヴ終了後にはお約束なのか、トレヴァーがトレードマークのメガネをかけて歓声を誘っていたのも微笑ましい。その魅せ方も含めて、彼等がライヴという修羅場でかなり揉まれてきたことが伺えた。

 ラストには待ちに待ったアンアースが登場。かつては2005年に行われたエクストリーム・ザ・ドージョー・Vol.13で初来日を果たし、2006年にはラウドパーク、去年はイン・フレイムスやラム・オブ・ゴッドというメタルの巨頭達と共に来日していたのも記憶に新しい。今回が4度目の来日となるのだが、こうしてトリとして登場できるくらいに知名度を上げたのは、少しばかり昔から彼等を聴いている自分としては嬉しい限り。

 そんな彼等は最初の"グレイト・ディヴァイダーズ"からエンジン全開。アグレッシヴで疾走感のあるパートとビートを落としたモッシュパートを交互に繰り出しながら、興奮の輪を自然と広げていく。その速遅のコンビネーションとギアの切り替え、、この重量感と剛性に長けた金属的な音の質感はさすがだが、彼等の場合はその上で勢いとキレがあって、ノリやすいのが特徴のように感じられた。叙情的なツインリードやソロなどメタルっぽさも輝きを放っていることにもニヤりとしてしまう。

 また、HPで日本・ニュージーランド・オーストラリア・ヨーロッパツアーでのセットリストに入れて欲しい曲の投票を受付していたこともあってか、セットリストも非常に豪華だった。序盤から代表曲であり人気曲の"ゾンビ・オートパイロット"などを出し惜しみせずに放ち、その後も"ディス・ライング・ワールド"や"エンドレス"、"ジャイルズ"といった曲で畳み掛ける。これにはキッズ達も大喜びではしゃぎ暴れていた。1stアルバムからの”ワン・ステップ・アウェイ”では上手のギタリストがアンプの上に乗って背面ギターを披露するという飛び道具を披露。彼等も群雄割拠のメタルコア・フィールドの中で、揉まれて鍛えられてここまで上り詰めてきたのがよくわかる。約50分ほどのステージだったが、最終日に出せるものは出したというライヴが見れて満足だった。終演後には鬼神のパフォーマンスとは打って変わってファンとのふれあっていたのも印象深い。3バンド通じて熱さが感じられる暴れまくりの夜は、こうしてその熱さをお互いに分かち合いながら幕を閉じた。

–The Black Dahlia Murder set list–

Funeral Thirst / Necropolis / A Vulgar Picture / Everything Went Black / Black Valor / Christ Deformed / Closed Casket Requiem / Elder Misanthropy / What A Horrible Night To Have A Curse / Statutory Ape / Deathmask Divine / Miasma / I Will Return

–Unearth set list–

The Great Dividers / My Will Be Done / Zombie Autopilot / Crow Killer / This Lying World / Endless / One Step Away / Giles / We Are Not Anonymous / Sanctity of Brothers / Black Hearts Now Reign

Share on Facebook

Information

Text:
Takuya Ito
takuya@smashingmag.com
twitter
Takuya Ito's Works

Write a comment