ボリス(Boris) & エンヴィ(envy) & モノ(Mono) in リーヴ・ゼム・オール・ビハインド @ 渋谷オー・イースト 2011.09.04

刻まれた強き音と濃密な時間
テキスト・レポート「刻まれた強き音と濃密な時間」@ 渋谷オー・イースト 2011.09.04

 2年半前に行われたleave them all behind(リーヴ・ゼム・オール・ビハインド)に受けた衝撃は未だに強く残っている。今は亡きアイシスを始めとして、サン O)))グロウイングといった海外勢、そして本日2回連続の出演となったボリスエンヴィが6時間にも渡って繰り広げた壮絶なショウの数々。それはひとつの芸術に至るまでの尖鋭性と激しさと美しさを内包していたように思う。会場に集まった全ての人々に痕跡を残す、そんなイベントであった。

 長き歳月を経て開催される第2回目は、海外アーティストこそいない。しかし、結成してそれほど間もなく海の向こうを意識し、自己鍛錬をストイックに重ね、多くの人々に認められてきた国内の強者が揃っている。荘厳で気高いインストを奏でて人間の核心に迫るMONO(モノ)、ハードコアを長きに渡って昇華し続けるenvy(エンヴィ)、様々なジャンルを横断しながら音を探究し続けるBoris(ボリス)。三者三様の音楽を打ち鳴らしてはいるが、世界で活躍する点を含めても共通項は多い。そんな全3バンドが共に70分超のフルセットで渡り合った一日を追った。

 先陣を切ったのは大方の予想を反してボリス。3月から5月にかけて連発された3枚のアルバムを聴き、意表を突く巧妙さとジャンルの振れ幅の広さにこのバンドに対する認識の甘さをひしひしと実感したのだが、ライヴではやっぱりボリスだといえる音塊が表出。初っ端の「決別」で凄まじい轟音が打ち鳴らされた瞬間から、それまでとは違う空気に包まれた。妖しさを助長するスモークと共にサイケ度がぐんぐんと増していく。

 といってもライヴ自体は前述の新作3枚が中心となって進む。意識的に向き合ったポップな表現力が目立つ異色の「Party Boy(パーティー・ボーイ)」やファンの度肝を抜いた「フレア」の存在がある意味で光り、10分を軽く超える「Missing Pieces(ミッシング・ピーシィズ)」では静謐から発展していく重厚なサイケデリック世界に眩惑される。まるで同じバンドとは思えないこの幅の広さが、ボリスを語る上では欠かせないだろう。ジャンルという垣根や制約を取り払いながら自らの音を探究し続けていることが理解できる。また、中盤から後半にかけては轟音ロックンロール・チューンの「Statement(ステートメント)」や「Pink(ピンク)」といった曲も飛び出してフロアを揺らし、ラストの「Aileron(エルロン)」ではたそがれた哀愁を醸し出しながらもヘヴィ・ドローンにズブズブ。一筋縄ではいかない魅力、多様性を十分に見せつけた75分超のライヴであった。

 続いてはモノが登場。国内屈指のインストゥルメンタル・バンドとして君臨する彼等の日本でのライヴは、昨年4月に行われた滋賀公演以来で実に1年半ぶりとなる。しかしながら、人間の一番深い部分にまで届く重みと深みを感じさせるライヴを今日も体感させてくれた。セットリストは09年に発売した5枚目のアルバムからわずかな変化しかないが、いつ体感しても独特の緊張感に包まれ、胸が張り裂けるほどの哀しみと歓喜が押し寄せてくる。静と動の中でたゆたいながら、ドラマティックに綴られ、心を鷲掴みにする壮大な楽曲の数々。孤独の果てを知っているかのような旋律が刻まれ、慈愛のメロディが鳴り、様々な感情が渦巻く大轟音が凄まじい音圧で響く。「Ashes In The Snow(アッシーズ・イン・ザ・スノウ)」から美しく激しい物語が張り詰めた緊張感の中で綴られ、人々はそれに酔いしれ続ける。生きる事を力強く肯定するエネルギーの増幅、そして生命の尊さを訴える様な重みをライヴの中で何度感じた事か。月光が照らすような美しさと勇ましさが同居する珠玉の「Moonlight(ムーンライト)」で締めくくられたライヴは、心の芯に響く感動があった。

 そして最後を飾ったのがエンヴィ。先頃のフジロックでのライヴがあまりにも素晴らしくて(個人的に今まで見た中で一番だった)、今回も大いに期待したが、当然のようにそれに応えてくれる流石の内容。奇しくも偶然か第1回目のリーヴ・ゼム・オール・ビハインドと同じ「歪んだ先に」で幕を開け、続く「千の痕」で眩いばかりの光と轟音が会場全体を包み込む。力強さと繊細さ、その両方を織り交ぜながらのダイナミックな曲展開にはグイグイと引き込まれ、激しく胸を震わされた。幾度対峙しても心身を突き動かすパワー、エンヴィのライブにはそれがある。中盤では初期のハードコア曲「左手」に煽られ、待ってましたとばかりに会場が暴れ出し、「擦り切れた踵と繋いだ手」「終わり行く夢」が畳みかける様に演奏された時もまた尋常ではない狂騒が巻き起こった。全身全霊を込めた激情パフォーマンス。ラストの「0 and 1」では巨大な岩石の落下を思わせる非情な重みのある音が炸裂、これには言葉を失った。あまりにも衝撃的な結末に圧巻の一言。エンヴィは締めくくりにふさわしいステージを披露してくれたのだった。

 第1回目と並んで濃密な時間が集まった人々には刻みこまれたことだろう。今回集まった3バンドに主宰者が『leave them all behind』の冠を託した想いもまた理解できたはず。三者が高い次元で共鳴し合うことで成立した本イベントは、今でも襲う耳鳴りよりもさらに大きな感動が心を満たしてくれたのだった。なお、この3バンドが一堂に会する機会は、少し間を空けて9月23日(金・祝)の京都西部講堂でもう一度ある。少しでも興味のある方は、世界を舞台に戦い続ける者たちが奏でる”強き音”を是非とも体感してきてもらいたいものだ。

Boris -set list-
決別 -Farewell- / Attention Please / フレア / Party Boy / Statement / Missing Pieces / Riot Sugar / 1970 / Pink / Aileron

MONO -set list-
Ashes In The Snow / Follow The Map / Burial At Sea / Pure As Snow / Sabbath / Halo / Moonlight

envy -set list-
先導 / 歪んだ先に / 千の痕 / 堕ちてカゴへ / 左手 / 安らぎが君の名を呼ぶように / 風景 / 擦り切れた踵と繋いだ手 / 終わり行く夢 / 灯と孤独 / 狂い記せ / 0と1

Share on Facebook

Information

Text:
Takuya Ito
takuya@smashingmag.com
twitter
Takuya Ito's Works

One Response to “ボリス(Boris) & エンヴィ(envy) & モノ(Mono) in リーヴ・ゼム・オール・ビハインド @ 渋谷オー・イースト 2011.09.04”

Comment from d
Time 2015年9月23日 at 10:53 PM

I thought I heard Boris playe 泣き局

Write a comment