シュローダーヘッズ @ 下北沢クラブ・キュー 2011.12.18

緩やかに紡がれる、極上の音楽
フォト・レポート @ 下北沢クラブ・キュー 2011.12.18

schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz

「すげえ…」この日、ツーマンの後のステージを任されることになっていたロスト・イン・タイムのボーカリスト海北によるこんな小さなつぶやきを、自分は聞き逃さなかった。リハーサルでのシュローダーヘッズの面々の演奏を聴いて、である。
 
 初レポートとなるこのシュローダーヘッズ、デデマウスやケミストリーそしてスネオヘアーなど、多くのアーティストのサポート・キーボーディストを務める渡辺シュンスケによるソロ・プロジェクトであり、インストゥルメンタル・トリオ。ピアノ、ベースそしてドラムスの構成で渡辺自身は当然、ピアノ担当だ。その経歴からも容易に想像がつく様に、演奏技術は折り紙付きなのだろう。前述の海北のつぶやきも、心からのものだったに違いない(2.3回同じ言葉を繰り返してたし)
  
 さてこの日の下北沢クラブ・キュー、オープンから10分ほどで既にフロアは身動きがとりづらい状況になっていた。およそ200もないキャパだろうが、これほどのスピードで埋まっていくのは、そうそうない。オーディエンスの7割ほどが女性だったのも特徴的。そしてスタート予定時間からさほど遅れることもなく、3人はステージに姿を現した。

 派手なパフォーマンスはなく、初っ端からは淡々と演奏を続けていく。しかし、この余計なものをほとんど排したステージは楽曲・演奏への没入感がとてつもない。確かな技術で紡がれる、極上の音楽。手に持つカメラをグラスに変え、目を閉じその音に身を委ねてみたい、演奏中ずっと心からそう感じていたほどだ。
 
 全部で10曲ほどだっただろうか、自分がこのアーティストに出会うきっかけとなったアルバム『Newdays(ニューデイズ)』と今月7日にリリースされたばかりのカバー・アルバム『ピアノ・ア・ラ・カルト・フィーチャリング・シュローダーヘッズ』から馴染みのある楽曲をセレクトしていたように思う。ラストは前述の『Newdays』より同名曲「Newdays」で締めた。
 
 会場から徒歩数分の某遊べる本屋でも一時期、猛烈にプッシュされていたこのアーティスト。その影響もあるのか、インスト系音楽だというのに、オーディエンスの層がかなり若めに感じられた。自分が若い頃はそれほど積極的にこの手の音楽を聴いていた記憶はないのだが、それでも良い音楽は、良いものだ。その事実をごく自然に、すんなりと多くの世代に受け入れさせることのできる、こんなアーティストはなかなかいないだろう。

–>ロスト・イン・タイム

Share on Facebook

Information

Photos:
Koji Chikazawa
koji@smashingmag.net
Web Site / Facebook / twitter
Koji Chikazawa's Works

Write a comment