サケロック @ 渋谷AX 2011.12.26

わかっちゃいるけど、やめられねぇ!インスト・バンドは進化の途中
テキスト・レポート「わかっちゃいるけど、やめられねぇ!インストバンドは進化の途中」サケロック @ 渋谷AX 2011.12.26

sakerock  ボーラーハットを被り、寡黙にベースを弾く田中馨は平成のビートニクなのかもしれない。大成功に収めた9月の日比谷野音のワンマンでは、新曲を披露し、いつものように次回作を期待していただけに、11月に突然発表された田中の脱退には、驚きと寂しさを感じた。

 4人のサケロックとして最後のライブは、年末恒例だったキネマ倶楽部ではなく、渋谷AXだった。2デイズでも修まり切れない動員があるほど、安定した人気を確立しつつある時に、「自分のやりたいことに、もっと集中して取り組みたい」と新たな音楽人生へ歩み出すことを決意したようだ。ライブ開始前には過去の映像が流れ、演奏のスタートを待つ会場の雰囲気は静かに感じた。

cero ロックと名のついたバンドだが、ヘッドバンキングやモッシュのような激しいロック要素はほとんどない。フリージャズのような変則的なリズムのある曲。歌の代わりに、トロンボーンがメロディーを奏でるインストゥルメンタルがサケロックの音楽の特徴だ。どこか郷愁を誘う切なげな演奏と、コントのようなメンバーの掛け合いが面白く、彼らのライブはいつも人気だ。

 ウッドベースを抱きしめるように弾く姿が印象的だった「今の私」では、しっとりとお別れムードに包まれた。そうかと思えば、次のシーンでは河島英五の「時代遅れ」を熱唱した。ライブ中では、寡黙な彼が「歌いたかった・・・」とつぶやくと、笑いが起こった。

 彼の脱退とともに、別れを告げなければならなかったのは、ライブ内でたまにやっていた即席バンド、カシュー&ナッツ。それぞれがパート以外の楽器に持ちかえ、4人の集まるスタジオで、遊びの中から生まれたバンドである。cero そして曲前に浜野のスキャットと伊藤大地のドラムが対決する「生活」の封印宣言。これらふたつの面白コーナーやMCでのゆるいトークには、曲同様に楽しみにしているお客さんが多い。しょっちゅう脱線をするので、3時間に及ぶ長期戦では、観ている側も動きの少ないなりに体力が必要だ。「も、もう曲を始めようよ・・・」と会場がしーんとし、緊張感が膨らんでいく中、納得いくまでスキャットを止めようとしない浜野は、いつも大やけどを負う。今回も激しい下ネタを叫んでしまい、「えーーー・・・」とひんしゅくを買った状態まま演奏に突入していた。このお決まりのような毎回のグダグダっぽさ、わかっているけど、また見たくなってしまう。

cero 既成のバンドという枠からの脱却を目指し、活動を重ねるごとにオリジナル性を突き詰めて来たサケロック。知らぬ間に「なりたかったバンドになっていた」ことにリーダー、星野は喜びを感じたそうだ。曲づくりには試行錯誤を繰り返し、地道に築き上げてきた「サケロック」から彼らは旅立つ。3人になる新体制のサケロック、1アーティストとして活動していく田中。個性的な彼らの今後の活動はこれからも進化していく。

— set list —
進化 / ラディカルホリデー / 穴を掘る~やっぱ好きやねん / 菌 / 慰安旅行 / モー / WONDER MOON / グリーンランド / 老夫婦 / 今の私 / 時代遅れ / スーダラ節 / テキカス / 七七日 / ホニャララ / URAWA-CITY / GOODBYE MY SON / GREEN MOCKUS / HELLO PO / KAGAYAKI / OLD OLD YORK / インストバンド / 殺すな / サケロックのテーマ / 生活

— encore —
カシューナッツ / MUDA
sakerock

–>サケロックのフォト・レポートはこちら!

Share on Facebook

Information

Photos:
Koji Chikazawa

Web Site / Facebook / twitter
Koji Chikazawa's Works

Text:
Hiromi Chibahara
tammy@smashingmag.net

Hiromi Chibahara's Works

Write a comment