ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ (Noel Gallagher’s High Flying Birds) @ 東京ドームシティホール 2012.01.16

ホールに鳴り響く、名曲たちの大合唱
フォト・レポート @ 東京ドームシティホール 2012.01.16

Noel Gallagher's High Flying Birds
Noel Gallagher's High Flying Birds
Noel Gallagher's High Flying Birds
Noel Gallagher's High Flying Birds
Noel Gallagher's High Flying Birds
Noel Gallagher's High Flying Birds
Noel Gallagher's High Flying Birds
Noel Gallagher's High Flying Birds

 ついにこの日が来た、という感じだった。あの衝撃の解散から、ついにノエル・ギャラガーが自身のバンドを率いて来日した。公演は2日ともソールドアウト。東京での貴重なライブに、私のように地方から上京してきたファンも多かったのではないだろうか。開場前に到着すると、ホールの周辺にはすでに物販を買い求める多くのファンが行列を作っている。入り口では、当日のライブを案内する電光掲示板の前で記念撮影をするファンも多く、この日をどれほど心待ちにしていたのかが伝わってきた。

 東京ドーム・シティ・ホールは、3階構造になっていて、2階から3階の席は非常に勾配が強く、どの席からもステージが見やすい。1階、アリーナは多くのファンが少しでもノエルに近づこうと、大入り状態。しかもピットが狭く、ステージまでの距離が非常に近く見えた。

 ゆっくりと客電が落ちると、大歓声が沸き起こり、ステージ後方に大きくバンドのロゴが浮かび上がる。青い照明のもと、ノエル・ギャラガーが登場。とてもリラックスしている様子だった。バンド・メンバーは5人。ベース、ギター、ドラム、キーボードの5人編成。どんなライブになるかと期待している観客の度肝を抜くように、いきなり「(イッツ・グッド)トゥー・ビー・フリー」からの幕開け。オアシスからの楽曲に、最初から盛り上がりがとんでもないことになっていた。ソロからの楽曲も多く演奏されたが、やはりオアシスの楽曲になると、盛り上がりが尋常ではない。中盤、バンド・メンバーが退出し、アコースティックギターから奏でられる「ワンダー・ウォール」の旋律は、この日集まったファンの狂気させるのに十分な力があった。さらに続けて「スーパー・ソニック」という、オアシス時代のキラーチューン。開場の熱気も、さらにあがっていく。事前にオアシスの楽曲も演奏されることが案内されていたからには、当然期待が高まるし、演奏されると、特に大きな歓声とが沸き起こる。改めて偉大なソングライター、ノエル・ギャラガーを見せつけられた感じだ。

 アンコールは、圧巻のオアシス・メドレー。ラストには、これがなければノエルではない、とも言える「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」。2階、3階のお客さんも総立ち、大きく手を振りかぶっての大合唱だった。個人的にはアンコール2曲目に披露した「リトル・バイ・リトル」の力強い演奏、ボーカルがとても印象的だった。

 東京2公演の貴重なライブとして発表されていたノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズだが、当日嬉しい発表があった。5月に再来日。しかも次回は東京・武道館から、愛知、大阪と他都市での公演も決まっている。こうなると、もしやフジロックにもか? と思ってしまうが、もしもそうなったら、今年のフジロックはとんでもないことになってしまいそうだ。

— set list — (原文まま)
(It’s Good) To Be Free / Mucky Fingers / Everybody’s On The Run / Dream On / If I Had A Gun / The Good Rebel / The Death Of You And Me / Freaky Teeth / Wonderwall / Supersonic / Record Machine / What A Life / Talk Tonight / Soldier Boys & Jesus Freaks / Broken Arrow / Half The World Away / Stranded On The Wrong Beach

— encore —
Whatever / Little By Little / The Importance Of Being Idle / Don’t Look Back In Anger

Share on Facebook

Information

Photos:
Yoshitaka Kogawa
yoshitaka@smashingmag.com
Web Site / twitter
Yoshitaka Kogawa's Works

Write a comment