ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ (Noel Gallagher’s High Flying Birds) @ 東京ドームシティ・ホール 2012.01.16.

職人・ノエル
テキスト・レポート「職人・ノエル」@ 東京ドームシティ・ホール 2012.01.16.

 
 この日、最後の曲は、満員のお客さんたちが待ち望んでいた「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」だった。アンコールでもノエルはオアシス時代の曲を連発していたし、事前にオアシスの曲もたくさんやる、と聞いていたので、意外でもなんでもなく、「ようやくキター」という空気で迎えられたのだ。

 ノエルが歌い始めると、3階席の人たちも席を立ち、それが徐々に伝播して、ついには総立ちになった。屋根の高い東京ドームシティ・ホールにお客さんの大合唱が響き渡り、上から1階のフロアを見るとたくさんの手が左右に揺れていた。あまりに感動的な光景。会場を埋め尽くしたお客さんたちは、この瞬間を待ち、そしてその瞬間を作り上げることに積極的に参加していた。クライマックスはサビでノエルがマイクから離れ、完全にお客さんたちにコーラスを任せたところにあった。オアシス(今のところ)最後の単独来日公演だった、あの感動的な幕張メッセでもノエルはコーラスをお客さんに任せていた。多くのお客さんはそれを知っているわけで、そこにはお互いの信頼関係ができていた。これほど幸福な関係があるだろうか。「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」はそうやってお客さんを育てたのだ。

 思えばオアシスというバンドは、飛び道具的なヴォーカリストがいたおかげで、派手なイメージがあったけれども、それを支えていたのは、メロディアスだけどハッタリのない曲を作り、地味なギターを弾く職人だったのだ。この日は、そんなノエルの職人としての資質が遺憾無く発揮され、グッド・メロディーを持つ曲を地道に歌い上げるミュージシャンの姿が見られたのだった。派手なギターソロとか客を煽るような動きもなく、ノエルをサポートとするミュージシャンとも、まるで旧知の間柄のような雰囲気を醸しだして堅実に演奏していた。昔から一緒にプレイした運命共同体のようなバンドでなきゃ上手くフィットしないミュージシンもいる一方で、こうしたところにすんなりと収まってしまうノエルのような人もいる。

 ライヴは自身のソロ・アルバムの間にオアシスの曲をちょくちょく入れる構成になっていて、オアシスとソロの曲が地続きにあるということがわかる。自分は間に合わなかったけど、ライヴの始まりは「トゥ・ビー・フリー」「マッキー・フィンガーズ」のようだし、中盤のアコースティックセットで「ワンダーウォール」と「スーパーソニック」の2連発。どちらもノエルが歌う節回しがリアムとは違っている。本編終盤での「ハーフ・ザ・ワールド・アウェイ」でお客さんたちのハンドクラップが決まったところがすばらしかった。もちろん、ソロの「イフ・アイ・ハッド・ア・ガン」が深みを増した世界を作るし、リズムがうねっていく「 (ストランディッド・オン) ザ・ロング・ビーチ」などもすばらしい。

 そして、アンコールでの「ホワットエヴァー」「リトル・バイ・リトル」「ジ・インポータンス・オブ・ビーイング・アイドル」「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」は、お客さんたちを歓喜に導いた。「リトル・バイ・リトル」なんかは迫力を増して新鮮に響いたし、「ホワットエヴァー」の名曲ぶりは揺るがない。でもやっぱり何といっても「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」なのだ。この曲はあまりにいい曲なんでノエルがリアムに歌わせなかったと伝え聞くけど、本当にノエルが歌う曲でよかったのではないかと実感する。こうしてソロでも堂々と自分の曲として歌えるわけだし、やっぱりいくらいい曲でも「ワンダーウォール」や「スーパーソニック」をリアムじゃない声で聴くのは少し寂しい気になるのだ。その点「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」は違う。文句なくノエルの曲であり、こうして最高の瞬間を迷いなく作ることができるのだ。この瞬間を見逃した人も5月にリヴェンジの機会があるので今度こそ大合唱に加わろう。

— set list —
 
 (It’s Good)To Be Free / Mucky Fingers / Everybody’s On The Run / Dream On / If I Had A Gun / The Good Rebel / The Death Of You And Me / Freaky Teeth / Wonderwall / Supersonic / Record Machine / What A Life / Talk Tonight / Soldier Boys & Jesus Freaks / Broken Arrow / Half The World Away / Stranded On The Wrong Beach
 
— encore —
 
Whatever / Little By Little / The Importance Of Being Idle / Don’t Look Back In Anger

フォト・レポート

Share on Facebook

Information

Photos:
Yoshitaka Kogawa
yoshitaka@smashingmag.com
Web Site / twitter
Yoshitaka Kogawa's Works

Text:
Nobuyuki "Nob" Ikeda
nob@smashingmag.com
Facebook
Nobuyuki "Nob" Ikeda's Works

Write a comment