T字路s(ティージロス) – 『マヅメドキ』

たたずまいは緩く、歌声は激しく
CDレヴュー 『マヅメドキ』 2012.02.03

 T字路s(ティージロス)は、いくらか大きめなフルアコのギターを抱いたイトウタエコと、クール・ワイズ・マンのベーシスト、篠田智仁によって結成されたユニットだ。そもそもは、余興のための一度きりの結成だったらしいが、思いのほか好評だったために自主で作品を制作、遂にはフジロック出演という流れとなり、今もなおマイペースな活動を続けている。

 ここに紹介するのは、2枚目となるミニアルバム、「マヅメドキ」。調べるまで、「真面目」が訛ったものかと思っていたのだが、真面目やらいい加減といった類いではなく、釣り用語とのことだった。「朝まづめ」が夜明けから日の出の間を指し、「夜まづめ」が日没前後からしばらくを指していて、そのどちらも魚が活発になる時間帯だそうだ。つまるところ、釣り人が勝負をかける時間帯が「マヅメドキ」らしい。

 タエコ嬢の声は、フジロックでのライヴを評した英文原稿において、「生まれ持ったものか、はたまた200ガロンの"ジャックダニエル"ウイスキーを飲み、2000ケースの"マルボロ"煙草を吸って潰したのか」(注:意訳)と形容されるほどに、パンチの効いたもの。実際はそんな無茶なことはしていないようだが、見事なまでのキャッチフレーズで、本人もレーベルですらも、ひと呼吸代わりのツッコミを入れつつも喜び、引き合いにだしている。この緩さもまた、「T字路s」というユニットが持つ、マイペースな性格を表している。そんな余裕は、遊びの延長だったというエピソードを納得させるには十分だし、これからを考えても、ポロンポロンとギターをつま弾いた時に、曲が湧いて来たりもするのではないだろうか。ひょっとすると、好きなアーティストの音源を聴いている時にでも、「この曲をやってみよう」と、気楽な感じで音源化に至ってしまうのかもしれない。

 T字路sの基本は、ヒョウタン型のベースから生まれる丸く柔らかな低音と、ギターから生まれる濡れた響き、そして、ささくれた声色だ。他に最たる飾りはない。あるとすればタエコ嬢が好んで着る、「ハイカラ」なワンピースくらいか。そんな素朴なたたずまいが影響したのか、このアルバムに参加しているゲストは、あくまで「T字路s」の世界を壊さないように、背景を描いてゆく。

 1曲目の"蛙と豆鉄砲"では、軽快に跳ねるリズムがひたすら前へと進み、こちらの脳裏に映り込む風景を塗り替えてゆく。フィドルは吹き抜ける風のようで、アコーディオンは気持ちの浮き沈みを感じさせる。続く"泪橋"は、ギターとベースが寄り添って走り出し、タエコ嬢の歌声を待ち受ける形で始まる。ギター、ベース、声、これら3つの要素以外に音は無く、T字路sにとって、最も等身大を表した楽曲となっている。のっけから激しいのだが、サビでは曲の頭の激しさの、さらに上をゆく。しゃがれ声をめいっぱい張り上げているため、強さが増して、高音を発しているのかどうかもわからなくさせるくらいだ。おそらく、「はち切れるテンション」とはこのサビのような状態を言うのだろう。

 哀愁を一身に背負ったのが3曲目、"風来坊のララバイ"。フルートが、まるですきま風のように吹き込んでいる。このアルバムには、フィドル、アコーディオン(キーボード)、フルートがゲストとして参加している。ライヴでのゲストの表情を踏まえた上で言わせてもらうが、それぞれの活動の息抜きに近いとさえ感じ、T字路sの気楽さを楽しんでいるように思う。

 プレーヤーに入れれば、意識せずともタエコ嬢が歌う表情が見えてくると思う。それはくしゃくしゃで、ブルーズにまみれた世界では「仕様」といえるようなもの。だけれども、少なくともこのアルバムには、構えた雰囲気はまるでない。もちろん歌詞には様々な思いが縫い込まれているし、"東風"の歌詞にも、震災の影響が感じられる。だけれども、全体を通して見れば、どこか微笑ましいのだ。

 思えば、ライヴにおけるMC時、タエコ嬢はめちゃめちゃ可愛らしい仕草と声でお客さんとの掛け合いを見せる。その、おっとりとした緩さがかいま見れるのが、"あたしのブギウギ"のカウント出しだ。これを聴けば、歌声とのギャップに驚く人もいるだろう。タエコ嬢が尊敬してやまないという浅川マキの楽曲を軽快にアレンジしたところは、どこかで古き良き曲への橋渡しの気持ちもあるんだろう。それでいて緩いカウントから察することができるように、気負いはなく、リラックスした調子でギターの音色と声を送り出している。加えて、篠田の「どうしてもやりたい」というリクエストに応える形で収録されたのが、ストリート・スライダースの "のら犬にさえなれない"。こちらはおそらく、彼の「青春」だろう。そんなわがままがまかり通るあたり、咆哮に激しさがあったとしても、やはり本質としては「緩い」。だからこそ、こちらもすんなりと飲み干せるのだ。

収録されているのは全6曲。アルバムと言うよりは、ミニアルバム。そこそこ楽曲が溜まったならば、録って出す。さあさあいよいよフルアルバムを…と、構えずに、自分のペースを守るアーティストが居ても良いと思うのだ。

※今後のスケジュール

2012/02/11(土) at 富士宮 喰い物屋 KOTETSU
2012/02/18(土) at 六本木 音楽実験室 新世界TRIAL PRODUCTION & T字路s LIVE!!
2012/02/27(月) at 所沢 音楽喫茶モジョ「月曜日をぶっ飛ばせvol.1」
2012/03/10(土) at 稲田堤 たぬきや
2012/03/17(金) at 大阪 地下一階
2012/03/18(日) at 高松 黒船屋
2012/03/19(月) at 松山 Bar Caezar
2012/03/23(金) at 名古屋 TOKUZO
2012/03/25(日) at 渋谷 clubasia , VUENOS Glad , LOUNGE NEO
 ※4カ所同時開催 St.Patrick’s Day 「THE WILD ROVER 2012」
2012/03/31(土) at 新潟 自家焙煎Coffee&Jazzの店UTSUWA

Share on Facebook

Information

Text:
Taiki "tiki" Nishino
taiki@smashingmag.com
Facebook
Taiki "tiki" Nishino's Works

Write a comment