ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート (The Pains of Being Pure at Heart) @ 渋谷クラブクアトロ 2012.02.17

バンド名がそのまま音を表すような、甘さ切なさ全開ギター・ポップ
フォト・レポート @ 渋谷クラブクアトロ 2012.02.17

The Pains of Being Pure at Heart
The Pains of Being Pure at Heart
The Pains of Being Pure at Heart
The Pains of Being Pure at Heart
The Pains of Being Pure at Heart
The Pains of Being Pure at Heart
The Pains of Being Pure at Heart

 
 2011年のフジロック以来の来日を果たした、ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート。何も情報を与えられずに聴くと、80~90年代のイギリスのインディー・ロックの「あの感じ」満載だもんで英国のバンドと思い込んでしまいそうなのだが、ニューヨークのブルックリンで結成されたバンドである。

 モリッシーなんかが歌ってたっておかしくないような美メロに、ネオアコ直系のきらめくギターサウンドに思わず胸がキュンとする。しかし、シンセで現在進行形の味付けが加えられており、感傷に飲み込まれることのない、ポジティブなエネルギーに満ちたステージであった。リアルタイムでネオアコ/ギターポップの洗礼を受けたもう若くはない自分だが、目を細めて観てしまっていたのは、照明が終始明るかったからだけではないと思う。

 帰りにクアトロのロビーが激混みだったので何ごとかと思えば、ゲストのウィークエンドと共に、演奏が終わったばかりのメンバーがロビーに現れ、お客さんとのプチ記念撮影大会が繰り広げられていたのであった。写真はともかく、物販コーナーで売られていたサイン入りポスターはメンバーの似顔絵が書かれていてステキだったんで買って帰ればよかった…。と、今になってちょっと後悔してみたり。

— set list —

This Love is Fucking Right / Belong / Higher Than the Stars / The Tenure Itch / Heart in Your Heartbreak / Say No to Love Falling Over / Come Saturday / Young Adult Friction / A Teenager in Love / Heaven’s Gonna Happen Now / The Pains of Being Pure at Heart

— encore —

Contender / My Terrible Friend / Everything With You / Strange

–>ウィークエンド

Share on Facebook

Information

Photos:
Keiko Hirakawa
keco@smashingmag.net
Facebook / twitter
Keiko Hirakawa's Works

Write a comment