シュローダーヘッズ @ 渋谷クラブクアトロ 2012.3.28

音の波を乗りこなす、ピアノの旋律
フォト・レポート @ 渋谷クラブクアトロ 2012.3.28

schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz
schroeder_headz

 カバー・アルバム『ピアノ・ア・ラ・カルト・フィーチャリング・シュローダーヘッズ』ジャケットでの、コミック『ピーナッツ』でお馴染みシュローダー君との共演も記憶に新しいシュローダーヘッズ。そのリリースを記念してのツアー・ファイナルがここ渋谷クラブクアトロで行われた。

 オープニング・アクトのあっぱによって、すっかり暖められたフロア。「すこし、クールダウンしようか」とばかりに、舞台転換に少々時間がかかっている様子。それもそのはず、 前回のレポートでお伝えしたように、彼らは基本的にキーボーディストとベーシスト、そしてドラムスのトリオ編成なのだが、この日は特別。なんとドラムスとベーシストがふたりずつの特別編成なのだ。普段どのバンドでもなかなかお目にかかれないこの編成、一体どの様な音楽へと昇華させるのか…。転換の様子を見ながら、期待と同時に不安も少々感じていたのが正直なところ。そう、ステージが始まるまでは、だ。

 実際に幕が上がると、そんな不安はまるで初めから無かったかのごとく一掃された。力強くからみつき、それぞれを主張しつつも見事にひとつの「音楽」として溶け込むベース陣。ステージの右から左から、激しい音の「圧」が身体を、心を揺さぶるドラムス陣。そして、それらの音の上を軽快に走る、渡辺シュンスケのピアノの旋律。身を委ねていると、その打ち込みのグルーヴとバンドのダイナミクスの共存に身体が支配される感覚を、会場の誰もが感じていたことだろう。途中、メンバーが担当楽器を突然変えたり(実際に演奏できていたのかは謎だが)キーボードの上に横たわるなど、パフォーマンスも織り交ぜつつ、ステージは進行していった。

 10曲ほどを終え「Soulful Strut(ソウルフル・ストラット)」でひとまずの区切り。間を置かず起こったアンコールに応え、再び舞台に現れたメンバーの中には、なんとあっぱの伊澤の姿が(実は、前のステージで壮大なネタバレをしていたので、みんな知っていたのだが)これで、全ての楽器がふたりずつとなった。クライマックスに向かって、さらに熱のはいる演奏、渡辺と伊澤の絶妙な掛け合いも、面白い。

 もとは大学の先輩と後輩という関係のふたり。十数年の時を経て同じステージに立つというのは、本人達も語っていたように、感慨深いものなのだろう。最後は大学時代の思い出の曲だという「love is all(ラヴ・イズ・オール)」をふたりだけのピアニカで演奏し、静かに幕を下ろした。

 シュローダーヘッズとして、更に今後を楽しみにさせるこの夜のステージ。やはりまだまだ目が離せない存在である。

–>あっぱ

Share on Facebook

Information

Photos:
Koji Chikazawa
koji@smashingmag.net
Web Site / Facebook / twitter
Koji Chikazawa's Works

Write a comment