アンリエッタ(Anrietta) – 「デビュー作『Memoraphonica(メモラフォニカ)』に込めた願いとは。」 – part.2

ただ音が集まると見えてくる景色があった
インタヴュー 「デビュー作『Memoraphonica(メモラフォニカ)』に込めた願いとは。」 2012.05.01

Anrietta

__ ここから1stアルバムについての話に移します。アルバムの制作はいつ頃から始まったのでしょうか?

genki:本格的にレコーディングに入ったのは、去年の7月ごろからでした。まあ、ぐだぐだとレコーディングしてたんですよね(笑)。レコーディングと並行して曲作りもしたりして、けっこうマイペースにやっていました。

__ タイトルである『Memoraphonica(メモラフォニカ)』、これは造語であるとリリース告知の時におっしゃっていました。このタイトルに込められた意味や願いとはなんでしょうか?

kokko:藤部明子さんという写真家の方が作った「Memoraphilia(メモラフィリア)」という言葉があって、”ふとしたきっかけで回想にふける心” という意味なんですけど、その言葉の響きと雰囲気が大好きで。アルバム・タイトルを考えているときに、ふと思い出したんですよね。でも、「Memoraphilia」という言葉そのまんまだと、アルバム全体をまとめるものではないと思ったので、”philia(愛)” の代わりに “phone(音)” という言葉をいれてみて出来た言葉です。アンリエッタの音楽を聴くと、「何処か懐かしいような何かを思い出すような感じがする」と言ってくださる人が多いし、それがアンリエッタの音楽の特徴のひとつだと思っているのでタイトルにしました。

__ アルバムは非常に映像的で物語性の高い作品に仕上がっていますが、バンドとしてテーマやコンセプトを掲げて制作されたのでしょうか?

genki:『メモラフォニカ』に関しては、実は具体的なコンセプトはなかったんですよね。言い方は悪いかもしれないけど、今あるものを詰め込んだ感じ。ただ、バラバラに作った曲たちだけれども、感性の向かってる先はそれほどブレがなくて、そういった点での統一性は感じられるかもしれません。

__ これまでに発表したデモ音源やスプリット作品「Lakshmi(ラクシュミ)」の時よりも曲調が幅広く豊かになり、それぞれの楽曲がアルバムのひとつのピースとして見事に機能してますね。バンド・サウンドと電子音の融合はこれまでも上手く昇華していましたが、ストリングスやホーン等の音が加味されて色彩感が増し、切なく幻想的なサウンドの深まりがきっちりと感じられます。 この点はいかがでしょうか?

genki:元々、オーケストラの音なんかには特に憧れがあって、ただ、それを表現する手段がなかったんですよね。今回のアルバム制作にあたって、去年の春ごろにオーケストラのソフト音源を手に入れたので、曲によってはそれをかなりふんだんに取り入れました。

__ 叙事的で映像性の高い楽曲の数々。そんな本作からは人それぞれが想起する風景が違うと思いますが、冷たい静謐の世界から、温かな日差しや穏やかな風が季節を運んでいく印象を個人的には受けました。冬の終わりから、春に向けて大きく羽ばたいていくようなイメージが浮かびます。

genki:ありがとうございます。僕らも映像性の高い楽曲という面ではかなり意識している部分はあって、このような感想をいただけることはとても嬉しいことです。「何を表現しようとしてこんな曲になったのか」というのは良く聞かれるんですが、個人的に言うと曲の制作段階では具体的な景色なんかは特に何も見えてなくて、ただ音が集まると見えてくる景色があったという感じでしょうか。楽曲たちに関しては聴き手ごとに見えてくるものは違うのは当然なので、聴き手には自分だけの感受性を大切にしてもらいたいですね。

__ 北欧音楽っぽいと同時にサウンド・トラック的な美しさを持つとも評されていたりしますが、本作はジブリのような夢あふれるファンタジックなアニメからシリアスな恋愛映画まで、色々なシチュエーションに似合いそうですよね。

genki:個人的にはアンリエッタのジャンルはある意味サウンド・トラックなのかなと思っています。歌はあるんですが、映像に融け込むという質感は意識している部分はあります。具体的に言うと、特にメロディの主張具合とまわりの楽器とのバランスですかね。映画やアニメだと主題歌じゃなくて挿入歌とかのような役割といいますか。名脇役みたいな(笑)。

–>part.3

< 1 / 2 / 3 / 4 >

Share on Facebook

Information

Text:
Takuya Ito
takuya@smashingmag.com
twitter
Takuya Ito's Works

Write a comment