トクマルシューゴ @ 名古屋クラブクアトロ 2012.12.13

変幻自在のポップ・ミュージックの魅力
テキスト・レポート「変幻自在のポップ・ミュージックの魅力」@ 名古屋クラブクアトロ 2012.12.13

 Shugo Tokumaru

 「僕の音楽は、ノリ方がわからないと思うんですけれども。心で聴けば大丈夫なんで。目をつぶっていても聴こえるようにつくられています。(「普通ですね」とドラムの岸田につっこみをいれられる) そうなんです。普通の音楽なんです。」

 と序盤のMCで語っていた。いや、しかしこれが普通なんだろうか。数十種類の楽器から飛び出す多彩な音色、そしてトクマルシューゴの透明感のある歌声によって生み出される美しいハーモニーと魔法の時間は、逆に”すごい”と思う人の方が多いのではないだろうか。メンバーも会場の人々も自然と笑顔になるような楽曲の数々は、いつまでも浸っていたいと思えるほどに心地よいものであった。

Shugo Tokumaru 2年ぶりとなる新作『イン・フォーカス?(In Focus?)』を引っさげての全国ツアー。残り3本で迎えたこの日の名古屋公演である。その最新アルバムの曲順通り「サークル(Circle)」~「カタチ(Katachi)」で幕を開けた今宵のライヴは、変幻自在のポップ・ミュージックの溢れんばかりの魅力を十二分に表現してくれたものであったように思う。

 イトケン、ユミコ、シャンソンシゲル、田中馨、岸田佳也が周りを囲み、真ん中にトクマルシューゴといういつも通りの体制。さらに東名阪公演だけは、ユンボ(yumbo)等で活躍する芦田勇人が数曲でサポート参加。ギター、ベース、ドラムに加え、アコーディオン、トイピアノ、ピアニカ、トランペット、フルートなどを使用した多彩な音色は、軽やかで華やかで優雅である。そして、ライヴならではの音の厚みや力強さを獲得しつつも、ポップさはやはり際立っている。そのステージを見ていると小さな楽団のようでもあり、素敵な音楽会が開かれているかのようでもあった。愉快な音色と柔らかな歌に心が躍る「コール(Call)」、パッと視界が明るくなっていく「ラハハ(Lahaha)」、メンバーがはけてトクマルシューゴ独演会のようだった「ムシナ(Mushina)」まで様々な魅力が詰め込まれている。

Shugo Tokumaru さらにMCでは会場を和やかな雰囲気で包み、笑い声も耐えないほどの状況に。「最近、ベースの田中馨くんがツアー中に太極拳を習得しているんです」といった話を繰り出しながら、客席との距離をさらに縮めていく。しかも全国ツアーならではのお楽しみということで、ライヴ終盤ではカバー・コーナーも準備。なぜか、ドラムの岸田が罰ゲームにも近い形で歌わされていたが(笑)、手拍子に包まれた中で歌い上げたSMAPの「世界にひとつだけの花」、そして勇敢にもキーを下げずにホンの少しだけ歌ったきゃりーぱみゅぱみゅの「つけまつける」、この2曲に会場は大いに湧いた。それでも、ちゃんと用意していたカバーであるサンダーバードのテーマ曲は、煌びやかさを加えたアレンジでバッチリと決めて、モードを再び切り替えていく。

 その熱気をさらに加速させるように突入したクライマックスは、先行シングルとなった「デコレート(Decorate)」や「ヘリクタイト(Helictite)」で豊かなハーモニーを奏で、ラストはイントロから歓声に包まれた「ラムヒー(Rum Hee)」が力強くも華やかなインパクトを残し、ステージを後にした。これだけでも満足できるぐらいに楽しい内容ではあったが、アンコールも大サービス。まずはトクマルがひとりで登場して、丁寧に弾き語る「タイトロープ(Tightrope)」がしっとりとした響きで哀愁を誘う。それから代表曲の「パラシュート(Parachute)」で雰囲気を一変させ、新作からの「ダウン・タウン(Down Town)」で約2時間にも及んだ濃厚なライヴを締めくくった。

 やっぱり普通の音楽なんかじゃない。終演後も鳴り止まなかった拍手と溢れんばかりの笑顔はその証明となったはずだ。


— set list — (筆者メモ)
Circle / Katachi / Call / Lahaha / Poker / Ord Gate / Tracking Elevator / Future Umbrella / Green Rain / Such A Color / Mushina / Amayadori / Kiiro / shirase / LINNE / Orange / La La Radio / Vista / The Mop / Cover Songs(世界にひとつだけの花 / つけまつける / サンダーバードのテーマ) / Decorate / Helictite(LeSeMoDe) / Rum Hee
— encore —
Tightrope / Parachute / Down Town

 Shugo Tokumaru

Share on Facebook

Information

Photos:
Takeshi Yao
takeshi@smashingmag.net
Web Site
Takeshi Yao's Works

Text:
Takuya Ito
takuya@smashingmag.com
twitter
Takuya Ito's Works

Write a comment