オトコンポ((M)otocompo)@ 渋谷スターラウンジ 2013.01.27

最新型は知っている
テキスト・レポート「最新型は知っている」@ 渋谷スターラウンジ 2013.01.27

オトコンポ(Otocompo)

 オトコのテクノ集団、オトコンポ((M)otocompo)はこの日、東京における初めてのワンマンライヴのアンコールに、ザ・ルースターズの「ロージー」をカバーして見せた。日本のロックンロールの歴史に強烈な印象を刻み、かつ危うさを伴ったニュー・ウェイヴの香りも漂わせるこのバンドの名曲を、オトコンポ(以下:オトコ達)が基本に掲げる「スカとエレクトロ」の演奏でもって、さらにセクシーに演奏してのけたのだ。シュールでポップ、ビョーキにシニカル、なんて表現が先走りがちなオトコ達が見せた、このクールネス。落差とカッコ良さにどうしようもなくグッときながら、思わずザ・ルースターズの大江慎也のソロ曲、「スルー・ザ・ワールド・パス(THROUGH THE WORLD PASS)」に登場する、あの歌詞を思い出していた。最新型は知っている!

otocompo オトコだったら、一つにかける。開演前、なぜかフロアに流されていたのは「銭形平次のテーマ」。壁にクリムトの絵がデザインされた瀟洒なライブハウスで繰り出される「歌詞オトコしばり」の名曲の数々にクラクラしていると、フロアでは曲が変わるたびに「おぉっこの曲は」と言わんばかり、ニヤニヤといった感じでリアクションを発信するオトコ(OTOCO)&オトメ(OTOME)なお客さんの姿。まだまだ派手にメディアに持ち上げられることの少ないオトコ達の存在を自分の足で確認し、自らの審美眼で良しとして熱狂する。お客さんもまた、最新型を知っているのだ。

「行くぜ! 俺たちが、オトコンポ!」 

otocompo 幕が引かれたステージから、気合の入った掛け声が聞こえてくる。すると幕が開き、登場したのはお揃いのメガネ&ボーダーTシャツ姿に人差し指を立てまくる、ギター&リーダーのカツメソ、エレクトリック・ドラムの平野奇之子、アナログシンセのカート・トシキの三名。最後の一人、オトコンポの総代ドクター・ウスイ(Dr.Usui)は…と言えば、客席後方からヘルメット着用&白マスク姿で突如登場。フロアにいる人は見てるだけ、と安心していたそこのオトコ(OTOCO)&オトメ(OTOME)の皆さん、甘い。フロアに鳴り始めた「タイニー・ラックンロール(Tiny Luck’n'roll)」のビリビリ響く電子音同様、オトコ達のパフォーマンスもまた「すみずみまで効く!」のだ。

otocompo そもそも現在活動休止中のテクノ&ニュー・ウェイヴ・ユニット、モトコンポ(Motocompo)から男性だけがスピンオフして結成されたのがオトコ達。「ディテクティブ(DETECTIVE)」「テイク・ミー・トゥ・ユア・パーティ(TAKE ME TO YOUR PARTY)」と、モトコンポからの楽曲が装いも新たに演奏される。ただの電子音楽と違って、乗るのはバッキバキに踊れるスカビート。冒頭でクールネスとは書いたものの、今夜は「OTOCOの熱狂元年」と題して全国4都市を回ってきた新春ツアーのファイナル。演奏序盤ですでに激熱なのだ。

 さらにライヴ中、「人力のアナログ感」が絶妙な場所&タイミングで配される。演奏の合間に展開されるのはある時はアイドル・グループに曲を提供し、またある時は国民的アニメ番組のエンディング・テーマを作曲し…と活躍(暗躍)しまくり、自慢しまくり(本人談)のドクター・ウスイ(Dr.Usui)のアフレコによるオトコ達のシュールな無声芝居(主に内容は物販の販売促進活動&活動告知)。otocompoそして演奏が再開すれば、日曜夜の「あの」国民的落語番組のテーマが、今までにも増してマッシュ・アップされた姿で演奏され…そしてそんな笑いあり、業務連絡あり、自慢ありの不条理な展開に、フロアからも「それを待ってた!」の歓声が上がっているのである。

 ところで「OTOCOの熱狂元年」と題された今回のツアーのコンセプトは、「伝説を作ったオトコ達」。セットリストには何曲かのカバー曲も組み込まれていた。ライヴ中盤に披露されたのは、まさにリビング・レジェンド、クラフトワークの「レディオ・アクティビティー(Radioactivity)」のカバー。3:11以降、本家よりも先に「フクシマ」と提示したのもまた、オトコ達である。

otocompo 本編が終了すると、エンディングテーマが鳴り始め、オトコ達がフロアに向かって深々と敬礼。揃ってロボット歩きで去って行く。もちろん、フロアからは大拍手のアンコール。アンコールが起きてしばらくすると、突如エンディングテーマーが逆回転仕様となり、逆再生状態の動きでオトコ達が再登場。ついにはダブルアンコールまで起こり、演奏されるのはオトコ達のアーティスト写真からもそのリスペクトぶりが伺える、マッドネスの「ワン・ステップ・ビヨンド(ONE STEP BEYOND)」。そしてトレード・マークとも言える「栄光の一本指」を高く掲げる、「ザ・サン(THE SUN)」の二連発。…そして、この日はこれで終わらなかった。otocompo一曲目に演奏された「タイニー・ラックンロール(Tiny Luck’n'roll)」が再びフロアに鳴り響き、オトコ達がフロアに降りてサーチ&デストロイ状態、フロアのオトコ(OTOCO)&オトメ(OTOME)とともに栄光の一本指を立てまくり、熱狂のワンマンは幕を閉じたのであった。

 見るたびに成長しているオトコ達。そのペースの速さは、すでに「確変」を感じさせるレベル。終演後、差し入れされたという「ボーダー柄のダルマ」に、まず片目が入れられていた。オトコ達が見ているのは、常にその先の風景。その先の風景とは、イベントの大舞台か、まだ見ぬ音源のリリースか。熱狂元年と銘打つだけに、すでに今月の中旬から神戸、大阪、東京を回る次のツアーが決定し、五月五日には昼夜二部構成、一日二公演のワンマンイベントが決定している。もう片方に目が書き込まれる瞬間は、きっとすぐそこにあるに違いない。最新型は知っている。これはもう、目撃せずにはいられない。

オトコンポ(Otocompo)

Share on Facebook

Information

Photos:
Izumi "izumikuma" Kumazawa
izumikuma@smashingmag.com

Izumi "izumikuma" Kumazawa's Works

Text:
Yoko "jet-girl" Oda
jet-girl@smashingmag.net

Yoko "jet-girl" Oda's Works

Write a comment