ブレント・ゲルケ・トリビュート (Brent Grulke Tribute) @ オースティ・ミュージック・ホール in サウスバイ・サウスウェスト 2013.03.13

音楽を、そして、オースティンをこよなく愛してSXSWを育てたブレント。急逝した彼へのトリビュート・ライヴ
フォト・レポート – ブレント・ゲルケ・トリビュート @ オースティ・ミュージック・ホール in サウスバイ・サウスウェスト 2013.03.13

Brent Grulke Tribute
Brent Grulke Tribute
Brent Grulke Tribute
Brent Grulke Tribute
Brent Grulke Tribute
Brent Grulke Tribute
Brent Grulke Tribute
Brent Grulke Tribute
Brent Grulke Tribute

 イントロでも書き残したように、昨年8月にわずか51歳で急逝したのがSXSWの中心人物のひとり、ブレント・ゲルケ。その彼へのトリビュートとして企画されたのがこのライヴだった。

「大ヒットはなくても素晴らしいアーティストはいっぱいいる。そんな人たちをサポートしたいんだ」と語っていた彼が、あの時名前を出したアーティストのひとりがこの日、ステージに立っていたロビン・ヒッチコックだった。新作『Love from London(ラヴ・フロム・ロンドン)』を発表した彼が姿を見せ、このセッションに加わっていたのが嬉しかった。

 その他、ブレントが愛して止まなかったという、地元オースティンのバンド、エル・グルーポ・ファンタスマのホーン・セクションがバックに加わり、SXSWではお馴染みのアレハンドロ・エスコベドなどが、わずかな時間ながらロックでブレントを天国へ送ったという感じだろうか。

 この日はオースティン・ミュージック・アワードの発表がされている。おそらく、そこに彼の名前も出てきたんじゃないかと想像するんだが、同じ会場でジックリと取材を続けているわけにもいかず、次の会場へと猛ダッシュ。あまりにも多くのライヴが同時進行するSXSWでは身体がいくつあっても足りないのだ。しかも、人気のあるアーティストのライヴでは長い列に並ばざるを得ない。というので、後ろ髪を引かれながら、会場をあとにするのだ。

–>マイク・スコット

Share on Facebook

Information

Photos:
Koichi "hanasan" Hanafusa
hanasan@smashingmag.com
Web Site / Blog / Facebook / twitter
Koichi "hanasan" Hanafusa's Works

Text:
Koichi "hanasan" Hanafusa
hanasan@smashingmag.com
Web Site / Blog / Facebook / twitter
Koichi "hanasan" Hanafusa's Works

Write a comment