ジェイムス・ブレイク (James Blake) @ 名古屋 ダイヤモンドホール 2013.06.06

磨かれた才能
テキスト・レポート「磨かれた才能」 @ 名古屋ダイアモンドホール 2013.06.06

James Blake

 斬新かつ衝撃的なデビュー作で、世界に求められる存在となったジェイムス・ブレイク。ここ日本でも2011年10月の東名阪ツアーや昨年のフジロックで大きな爪痕を残し、20代前半という若さながら既に確かな地位を築いている。そんな彼の2度目となる名古屋公演は、クアトロからキャパを広げたダイアモンドホールで開催。名古屋でこのクラスの会場(1000人強)を埋める海外アーティストは、少なくなってきているのが現状なので、彼の人気の高さが伺える。

Jame Blake ほぼ満員に近いお客さんで膨れ上がった会場の声援を背に、ジェイムス・ブレイクとライヴ・メンバー2人の計3名が登場したのが、開演時間から10分ほど押した19時10分ほど。ピンと張りつめた緊張感の中で、「エアー・アンド・ラック・ゼアオフ」でライヴをスタートさせ、冒頭の美声が象徴的な「アイ・ネヴァー・ラーント・トゥ・シェア」で会場中をあっさりと引き込んでいく。しなやかな電子音と歌声のループ、体にドスンと響く重低音。これぞジェイムス・ブレイクというべき世界が、早くもそこには広がっていた。独特の揺らぎと奥行きのある音像は心地よい陶酔を誘う。

 ライヴは、全世界を魅了した傑作の1stアルバム『ジェイムス・ブレイク』、この春に発表した2ndアルバム『オーヴァーグロウン』を織り交ぜて進行。その『オーヴァーグロウン』では、自身の歌の魅力をより引き出した作品として評価されているようだが、実際に生で体感するとかなりライヴ映えする曲が多い。それは低音の効いたリズムがもたらす強烈な振動に全身を揺さぶられた「デジタル・ライオン」、「ヴォワヤー」が印象的だったからだろうか。シンガーとしてのさらなる深化をみせつける「オーヴァーグロウン」にしてもそうだが、スタジオ音源とは別の魅力を浮かび上がらせる術は、あの若さにして職人気質ともいうべきもの。彼の凄さはライヴを通すことで、より深く伝わってくる。

 けれども、あんなにも遠い世界にいるようなジェイムス・ブレイクが曲間のMCでは、下界に降りてきたように会場とコミュニケーションを図ったりしていて、そのギャップには驚かされた。前回の来日ツアーの時は、こんなにしゃべって無かった気がするのだが、それもライヴをこなしてきたことでの成長なのだろう。

Jame Blake 後半ではアレンジの加わった「アンラック」から「リミット・トゥ・ユア・ラヴ」の流れが秀逸であったし、前述の「ヴォワヤー」が「CMYK」以上に大きな揺れを生みだしていたのには驚かされた。やはりこういったクラブ仕様の昂揚感も彼のライヴになくてならないものだろう。丁寧にライヴ・メンバーを紹介した後に演奏した本編ラストの曲は「レトログレード」で、ぼんやりと光る深海の底から届くような美しい歌声が、静かに会場中を魅了。「アリガトウゴザイマス」と深々と御辞儀をして、一旦ステージを後にする3人には万雷の拍手と声援が当然のように送られていた。

 大きな期待に応えて、アンコールは2曲。シューゲイザーばりの音の洪水に全身が包まれる「ザ・ウィルヘルム・スクリーム」を演奏し、最後は前回の来日時と同じジョニ・ミッチェルのカバー曲の「ア・ケース・オブ・ユー」だった。「ワン・ツー、イチ・ニー」と呼吸を整えてから、しっとりとした鍵盤の旋律に寄りそう様な優しくも力強い歌声が会場中に響きわたる。それは静かな幕引きではあったが、彼の持つ芯の強さと情熱を感じる人も多かったことだろう。

 徹頭徹尾、全くブレなかったジェイムス・ブレイクの世界。計り知れない才能を丹念に磨いてきた彼だからこそできる、実に見事なライヴであった。

– set list –
Air & Lack Thereof / I Never Learnt To Share / To The Last / Lindisfarne / I am Sold / CMYK / Our Love Comes Back / Digital Lion / Unluck / Limit To Your Love(Feist cover) / Klavierwerke / Overgrown / Voyerur / Retrograde

— encore —

The Wilhelm Scream / A Case of You(Joni Mitchell cover)
James Blake

Share on Facebook

Information

Photos:
Yoshitaka Kogawa
yoshitaka@smashingmag.com
Web Site / twitter
Yoshitaka Kogawa's Works

Text:
Takuya Ito
takuya@smashingmag.com
twitter
Takuya Ito's Works

Write a comment