ジー・フリーク・ファクトリー in 群馬ロックフェスティバル @ グリーンドーム前橋 2013.09.21

鶴舞う形の如く群馬が羽ばたいた日
フォト・レポート @ グリーンドーム前橋 2013.09.21

G-Freak Factory
G-Freak Factory
G-Freak Factory
G-Freak Factory
G-Freak Factory
G-Freak Factory
G-Freak Factory
G-Freak Factory
G-Freak Factory

 限りない故郷に愛を。

 地元群馬で活動を続けて16年になるバンド、G-Freak Factory。彼らが中心となり2008年、2009年と開催されたCOLOSSEUMから今に至るまでずっと地元音楽シーンを盛り上げ、ついに2012年には規模を拡大して群馬ロックフェスティバルとなり、ここグリーンドーム前橋で大成功を収めた。グンマグンマとしつこいくらいこのフェスも群馬のための群馬による群馬のフェス、実は先日姉妹サイトのフジロッカースオルグで、主催者の一人にインタビューを行っていて、実際足を運んでみると早い時間から入場規制がかかってしまうほどのメイン会場や、その横の利根川沿いに設けられた屋外エリアの飲食スペースには県内選りすぐりの飲食業者も集まり、ラジオの公開収録ブースや野外ステージと大盛りあがりをみせていた。

 この日のトリを努めた彼ら。高崎頼政太鼓をフィーチャーした始まりから、約40分という限られた時間の中で、心をひとつにぐっと鷲掴みにされた大人も子供もステージに引き込まれていた。音楽を発信する今の自分たちに何が出来るか、そう投げかける彼らはこの1万2千人のオーディエンスを前に「革命」を起こしてくれた。
 

 

Share on Facebook

Information

Photos:
Miyuki "Sam" Samata
sam@smashingmag.com

Miyuki "Sam" Samata's Works

Write a comment