オウガ・ユー・アスホール @ 名古屋ボトムライン 2015.03.28

目を閉じて感じていたいほどの心地よさ
フォトレポート – オウガ・ユー・アスホール in 今池ゴーナウ @ 名古屋ボトムライン 2015.3.28

Ogre You Asshole
Ogre You Asshole
Ogre You Asshole
Ogre You Asshole
Ogre You Asshole
Ogre You Asshole
Ogre You Asshole
Ogre You Asshole

 このバンドはどこに向かっていくのだろう。ライブ後に、まず感じたことだ。

 イベントの中でもっとも広い会場だったボトムラインのトリを務めたオウガ・ユー・アスホール昨年のフジロック( レポートはこちら )でも苗場を揺らした彼らをライヴ・ハウスで見るのは久しぶり。どんな空間が待ち構えているのか楽しみだった。

 定刻になり、そっとメンバーが登場してライヴはスタート。日中の暑さ、イベント各会場で繰り広げられてきたライヴの熱を冷ますように、淡々と独自の音をつむいでいく。野外のライヴも素晴らしかったが、閉鎖された空間で聞くのもいい。ふわふわとした音が閉じ込められてうねり始め、いつしか大きな波動となって頭の中に響いてくる。進行していくスピードとともにライヴも熱を帯びていき、鳴り止まない音の響きは、とても心地よく耳に残っていた。

 終了後もアンコールを求める拍手が鳴り止まず、出戸(ギター・ヴォーカル)が「今日はアンコール無いんで」と再度ステージに登場していた。イベントを締めくくるにふさわしいライヴだった。

Share on Facebook

Information

Photos:
Yoshitaka Kogawa
yoshitaka@smashingmag.com
Web Site / twitter
Yoshitaka Kogawa's Works

Write a comment