アウトサイドヨシノ(outside yoshino, 吉野寿)@ 京都 ネガポジ 2015.02.01

冬の旅。人の想いがつなぐ旅 <Part 2: 京都編>
テキスト・レポート「冬の旅。人の想いがつなぐ旅」 Part 2 @ 京都 ネガポジ 2015.02.01

outside yoshino

  一夜明けて、京都。午後、少しだけ雪が降った。会場へと向かう一本道を歩く。遠く向こうに、ギターを背負い、機材を引いた吉野が会場に入っていくのが見えた。地下にある会場は、レトロ感あふれる居酒屋のような空間。賑やかだった前日の名古屋と比べて、アジトで秘密の集会が行われるかのような雰囲気だった。

outside yoshino 京都では持ち時間が1時間と短いぶん、濃い内容となった。「それに殺される前にあの空を撃て」から始まって、この空間にぴったりの「地下室の喧騒」も聴けた。一番強く印象に残ったのは、「見る前に跳べ」。正確には、「見る前に跳べ」から切れ目なく「理由は探さない」に移って、また「見る前に跳べ」に戻っていった。曲の世界観がブレず、地続きだからこそできる構成である。ギターを打ち下ろしながら、いつにも増して差し迫った様子で歌う姿が、目に焼きついた。

 この日の共演者は、’14年に解散したドッポ(dOPPO)の橋本和樹。吉野の演奏前に、ピアノとギターの弾き語りを聴かせてくれた。橋本はファウル、ブラッドサースティー・ブッチャーズ、イースタンユースからの影響を公言している。言葉の端々から、吉野へのリスペクトが感じられた。

 アンコールは、橋本と吉野のラフなセッション。ほぼ即興と思われた。橋本がイースタンユースの「曇天と面影」を吉野にリクエストする場面も。橋本が自分のライヴでカヴァーしている曲とのこと。吉野はその曲は仕込んでいないと言って応えられなかったのだが、微笑ましいやりとりだった。ソロ・ライヴで吉野がリクエストに応じる確率は、五分五分かそれ以下だったりする。結局、男性客からの「片道切符の歌」のリクエストを受けた。

 演奏し終わって、「あとは飲みましょう、ここで。難しいことさておき、祝福しようぜ」と言って締めた。終演後の会場は、ゆるやかに打ち上げと呼べるのかどうか、まだ飲み足りない人が自由に残るような場になった。

 翌日。イースタンユースのベーシスト、二宮友和の脱退が発表された。名古屋で「でも、負けないんですよ」と強い口調で語っていた吉野の姿を思い返した。

outside yoshino

— set list —
それに殺される前にあの空を撃て / 有象無象クソクラエ / 地下室の喧騒 / ファイトバック現代 / 万雷の拍手 / 君の窓から / 見る前に跳べ〜理由は探さない / 石の様にそこに在る / ナニクソ節 / テレビ塔 / 街の底
 
— encore —
(セッション) / 片道切符の歌

 

–>冬の旅。人の想いがつなぐ旅 Part 3 @ 出雲 旧大社駅 2015.02.07
[
1 | 2 | 3 | 4 | 5 ]

 

Share on Facebook

Information

Photos:
Keiko Hirakawa
keco@smashingmag.net
Facebook / twitter
Keiko Hirakawa's Works

Text:
Keiko Hirakawa
keco@smashingmag.net
Facebook / twitter
Keiko Hirakawa's Works

Write a comment