アウトサイドヨシノ(outside yoshino, 吉野寿)@ 岡山 城下公会堂 2015.02.08

冬の旅。人の想いがつなぐ旅 <Part 4: 岡山編>
テキスト・レポート「冬の旅。人の想いがつなぐ旅」 Part 4 @ 岡山 城下公会堂 2015.02.08

outside yoshino

 岡山、城下公会堂。吉野がリハーサルをする様子を、静かに見つめる人がいた。この日の共演者の、村岡ゆか。ベースを弾き語りをする、ソロ・アーティストである。吉野のサウンド・クラウドでは、彼女と共作した「五時十五分のバス乗り場」を聴くことができる。

outside yoshino 岡山在住の村岡は吉野のファンで、足繁くライヴに通う。一方、吉野は村岡に対して、アーティストとしての敬意とともに接している。面白い関係だなと思う。
 
 先に演奏したのは村岡だった。彼女のライヴは、観る者の感覚を研ぎ澄ますような、繊細さに満ちていた。ささやくようなベースの音が、ルーパー・エフェクターによって、丁寧に重ねられていく。声域はアルト。想像力がかきたてられる歌詞。ベルベットのようになめらかで温かみのある耳触りとともに、物語が紡がれていく。

 拍手が鳴っているとき以外、客席は水を打ったように静かだった。足下のエフェクターを操作する、「カチ、カチ」という小さな音が聴こえるくらいに。村岡は、歌とベースと、静寂までも奏でているようだった。最後、弦にそっと手を触れて音を止める瞬間まで、息を潜めて観た。静謐な表現と世界観。貴重だと思った。

outside yoshino MCもとても小さな声で、「このあと吉野さんのライヴが観られるので、嬉しいです」と控えめだった。会場で自分のCDを売ることもなかった。あの大抵のものは売っているアマゾンでも、村岡の作品を手に入れることはできないのだった。ネットでは高円寺にあるCDショップ円盤のサイトから、購入することができる。たまに都内でもライヴに出演しているようなので、機会があったらぜひ触れてみてほしい。
 
 村岡のセットと吉野のセットの間には、ターンテーブルが置かれていた。吉野のアイデアに応えて、当日急遽用意したものだった。

 村岡の夫である、主催者の村岡充さんの私物のレコードの中から、吉野は1枚を選ぶ。フリー・ジャズのギタリスト、ソニー・シャーロックの『モンキー・ポッキー・ブー』。ジャケット裏面、シャーロックの顔面アップを見て、「やっぱりギターは顔で弾かなきゃ」と笑う。ライヴ中は、わざわざジャケットを裏返して飾っていた。

 会場の入り口側は、全面ガラス張りになっていた。「皆さんは背にしてて味わえないと思うんですけど、車の往来がありましてね、電車が通ったりバスが通ったりして、非常に僕の方からは贅沢な景観なんですね」ステージから臨む眺めを語る。

outside yoshino

 「わたしの青い鳥」の冒頭。吉野はギターを鳴らしながら、「よーうこそー!」と勢いよく3回繰り返す。そのまま「よーそろーお前が舵を取れぃ」とまさかのフレーズが飛び出し、不意を突かれて笑ってしまう。会場の何割のお客さんが気づいたかわからないが、長渕剛の「キャプテン・オブ・ザ・シップ」の一節だった。前日の出雲とは異なる、こなれた空気。しかし「片道切符の歌」に入る瞬間、「人生片道切符! バックギアはない!」と言い放ってグッと研ぎ澄ますあたり、流石だった。

 ひときわ胸を打ったのは、「万雷の拍手」と「街の底」。低くかすれる呻きのような声。かろうじて音程が聞き取れるかどうかの叫び。一音一音強い発声。むき出しの歌唱と、それを増幅させるように鳴るギター。こちらの身の置き場がなくなるような壮絶さ。それでも、吉野が「生きている」姿から、目をそらすことができないのだった。

outside yoshino

 会場の前の通りを路面電車が通過する。時折、ステージを照らして流れていく、窓枠と人影を映した光の帯。観客は吉野が演奏中に目にしていた街の景色を共有することはできなかったが、ステージ上も贅沢な、いや、それ以上の景観であった。私たちが生きる街と、吉野が歌う「街」。この空間と、それらが確かに繋がっている感覚があった。

 吉野は最初に「1時間くらいやります」とアナウンスしていたが、1時間半近く演奏した。何度も何度も歌う歌は、やはり自分の中では大事な歌なのだと語り、

「自分が歌を歌うことで皆さんに何かをお見せしているってよりは、歌わせてもらって自分を支えてるほうが正しいような気がするんです」

だからって、返金しませんよ。と、お馴染みのセリフを言ってから、ダブル・アンコールの「夜明けの歌」を演奏した。

下の写真は、終演後の1枚。PA担当のじろうさん(左)、主催者の村岡充さん(右)とともに。吉野と一緒にいる村岡ゆかさんは、いつも大変幸福そう。素晴らしい共演でした。

outside yoshino

— set list (村岡ゆか) —
皮袋 / 聴く / 海 / 浮かぶ人 / 探しに来たんだ / 剝がれる / 海を出る

 

— set list (outside yoshino) —
わたしの青い鳥 / 片道切符の歌 / インサイド・アウトサイド / 月の明かりをフラフラゆくよ / 青すぎる空 / ファイトバック現代 / いつもの細い道 / ナニクソ節 / 万雷の拍手 / 故郷 / 街の底
 
— encore —
裸足で行かざるを得ない
 
— encore 2 —
夜明けの歌

 

–>冬の旅。人の想いがつなぐ旅 Part 5 @ 札幌 オヨヨ 2015.02.22
[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 ]

 

Share on Facebook

Information

Photos:
Keiko Hirakawa
keco@smashingmag.net
Facebook / twitter
Keiko Hirakawa's Works

Text:
Keiko Hirakawa
keco@smashingmag.net
Facebook / twitter
Keiko Hirakawa's Works

Write a comment