ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ (Noel Gallagher’s High Flying Birds) @ フェスティバルホール 2015.04.06

会場もステージになる荘厳な一時
フォト・レポート @ フェスティバルホール 2015.04.06

Noel Gallagher’s High Flying Birds ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
Noel Gallagher’s High Flying Birds ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
Noel Gallagher’s High Flying Birds ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
Noel Gallagher’s High Flying Birds ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
Noel Gallagher’s High Flying Birds ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
Noel Gallagher’s High Flying Birds ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
Noel Gallagher’s High Flying Birds ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
Noel Gallagher’s High Flying Birds ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
Noel Gallagher’s High Flying Birds ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ

 待ちに待ったノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのジャパン・ツアーは、大阪から幕を開けた。開演前から物販を求める人も多く、どれだけ楽しみにしていたのかを伺わせた。
 
 全席指定の本公演だが、開場するとこぞってステージの撮影をしていた。この日、今回のジャパン・ツアーに言えるかもだが、一眼レフ、動画、フラッシュ撮影以外の撮影はOK。ステージの様子をおさめようと、たくさんの人がスマートフォンをかざしていた。
 
 ほぼ定刻になり、メンバーが登場。背景には新作『チェイシング・イエスタデイ』のジャケットをイメージした映像が映し出され、ライヴはスタートした。新旧織り交ぜたセット・リストに、イントロが流れるたびに大きな歓声が沸き起こる。特にオアシスの楽曲になると、熱気も増していた。

 アンコールでは、静かなギターから聞き慣れた旋律、「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」が演奏され、この日一番の歓声が沸き起こる。幻想的な照明に、背景には羽のような映像。静かにかき鳴らされるギターにノエルの歌声、そして観客の合唱が合わさって、最高の空間を作り出していた。最後にメンバー紹介をして、「マスター・プラン」でこの日は幕を閉じた。
 
 始まったばかりのジャパン・ツアーは、これから各地でどんな展開が待ち受けているのだろう。きっと各会場とも、期待以上のライヴになることだろう。

Share on Facebook

Information

Photos:
Yoshitaka Kogawa
yoshitaka@smashingmag.com
Web Site / twitter
Yoshitaka Kogawa's Works

Write a comment