イースタンユース @ 盛岡 ザ・ファイブ 2015.05.16

熱烈さと切実さが入り混じる
フォト・レポート @ 盛岡 ザ・ファイブ 2015.05.16

eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth

 全国ツアー後半戦たけなわ。松山岡山に続いて、この盛岡公演もソールド・アウトとなった。

 観客の反応はその日、その土地によって様々なのだなと感じる。盛岡は歌っている人が多く、合いの手もバッチリ。バンドとフロアが演奏を介してしっかりと結びついていて、リピーターの多さがうかがえた。

 吉野にMCを振られた田森は「こんばんは、今日は楽しんでってくださーい。田森です」とだけ喋る。吉野にそのやっつけ感をツッコまれ、もっと喋れと急かされていた。結局は、「田森の良心になりかわり、お詫びさせていただきます。こんな子で…」と吉野が謝っていたが。

 二宮はMCを次の曲につなごうと考えながら喋っていたら、曲名を先に観客に言われてしまっていた。「やめるなよ」というお客さんには「やだね」と即答。ここにいるみんなが二宮の脱退を惜しんでいるはずなのに、その身も蓋もないやりとりに笑ってしまうのだった。

 この3人の演奏でライヴを聴けるのは、あと5本となった。最新作『ボトムオブザワールド』からの曲が、どれも非常にライヴ映えすることもあり、残念な気持ちがつのる。

 そうは言っても、バンドがいつもどおり魂を込めて演奏するのと同じように、こちらもいつもどおり、眼前の彼らの演奏と光景を胸に刻み込んでいくしか術がない。この日はアンコールを求める観客から、イースタンユースを呼ぶコールが沸き起こる。そこには、熱烈さと、切実さが入り混じったような空気があった。

※イースタンユースのライヴの取材を続けてきたスマッシング・マグ編集部より、写真展のお知らせがあります。こちらの記事を御覧ください。

 

<– 05.10 岡山 | | 05.17 仙台 –>



 

極東最前線 / 巡業2015~ボトムオブザワールド人間達~

 
3月28日(土) 千葉 LOOK
3月29日(日) さいたま新都心 HEAVEN’S ROCK
4月 3日(金) 金沢 vanvanV4
4月 4日(土) 長野 ライブハウスJ
4月 5日(日) 新潟 CLUB RIVERST
4月10日(金) 福岡 DRUM Be-1
4月11日(土) 広島 ナミキジャンクション
4月17日(金) 横浜 F.A.D
4月18日(土) 静岡 SUNASH
4月19日(日) 京都・磔磔
5月 9日(土) 松山 Double-u Studio
5月10日(日) 岡山 ペパーランド
5月16日(土) 盛岡 the five
5月17日(日) 仙台 CLUB JUNK BOX
5月23日(土) 名古屋 クラブクアトロ
5月24日(日) 梅田 クラブクアトロ
5月30日(土) 渋谷 TSUTAYA O-EAST
6月 6日(土) 札幌 cube garden

Share on Facebook

Information

Photos:
Keiko Hirakawa
keco@smashingmag.net
Facebook / twitter
Keiko Hirakawa's Works

Write a comment