イースタンユース @ 渋谷 オー・イースト 2015.05.30

馬鹿げた感傷だぜ
テキスト・レポート「馬鹿げた感傷だぜ」 @ 渋谷 オー・イースト 2015.05.30

イースタンユース

 この日の9曲目、「青すぎる空」で吉野が歌っているときに鳴っている二宮のベース。細かくうねり、しかし歌を邪魔することなく存在感を持つベースを聴くのもこれで最後かと思った瞬間、涙が溢れてきた。それと、曲間に吉野と二宮が向かいあって、まるでギターとベースで会話をするような、ゆったりとした小さなジャムセッション、この空気はずっと変わらなかったんだ、それが聴けなくなってしまう……という観ている側の気持ちを「馬鹿げた感傷だぜ」と切って捨てるのがイースタンユースなのだ。吉野は「何か言って」というフロアの声に対して無言で対処し、一方、二宮はひょうひょうとした表情を崩さない。そういうバンドであることはお客さんたちがわかっている。だが、しかし……。

イースタンユース 『ボトムオブザワールド』を発表し、全国を回るイースタンユース。ご存知の通り、単なる新アルバム発売のライヴということではなく、ベーシストである二宮の脱退を発表してからのライヴであることから多くの人たちが会場のオー・イーストに詰めかけ満員となった。あの、鉄壁のアンサンブルを誇る3人の、ひとりでも欠けてはいけない、欠けるはずがないと思われた体制が終焉を迎える。「本当にそうなのか」という思いを抱えながらライヴハウスに向かったのだった。

イースタンユース 二宮脱退の報を聞いて、こちらが泣く気まんまんでライヴに来てみたら、それをきっぱり拒否する。まさに「泣いてなんかやらねぇ」だ。感傷をみせる隙を与えなかった。共感を求めず、仲間うちで盛り上がること求めず、ひたすら個としてステージとフロアが対峙すること。結果、他のバンドのように拳を振り上げ、合唱して「みんなで」盛り上がっているようにみえても、そこにはヒリヒリとした現実と向き合い、口を噛めば砂の味がする荒野にひとり立っているのだ。

イースタンユース 開演予定時刻を過ぎた18時10分ころ、ニーナ・シモンの「アフリカン・メイルマン」が流れてメンバーが登場する。二宮のベースがリズムを刻み「街の底」からライヴは始まった。吉野がノイジーなギターを鳴らし、田森が迫力あるドラムを叩く。そして吉野の絶叫が刺さってくる。

 前半は、新しいアルバム『ボトムオブザワールド』からの曲を中心に、中盤から後半は代表曲を織り交ぜた選曲だった。アルバムでは、バンドが変化をみせたと思えたけど、こうしてライヴの現場で過去の曲と一緒に演奏されると違和感なく、イースタンユースの根本は変わらないのだといえる。「茫洋」の重厚さ、疾走する「ナニクソ節」、「テレビ塔」に漂う寂しさなど、ライヴで聴くとより吉野の叫びがリアルに響く。

イースタンユース 二宮がひょうひょうとした顔のままMCを始め、2階席から「パパァ~」という声に「ウチの子どもなんですけどね」と笑わせ、トボけたMCで紹介された「直に掴み取れ」では、吉野は笑顔をみせて、間奏ではヒゲダンスみたいな仕草をみせる。ギリギリまで自己を追い詰め、修行僧のような外見から祈るように声を絞り出して歌う、という従来の吉野のイメージをこのライヴでも感じることができるし、過去のライヴだって笑顔が一切ないわけではないけど、ヒゲダンスはインパクトあった。アルバムに収録された音源ではザゼン・ボーイズの向井が務めていたラップのパートを吉野自身が担う。

イースタンユース 再三によるフロアからの「何かいって」に対し、吉野は無言を貫き、何度目かにはアンプの上に置いてある、中指を突き出したデッサンに使うモデルハンドを向けて笑わせたりもしたけど、これは「どっから話せばいいのやら、それともいっそ何も話すまいか/話したところで何になる」ということなんだろうか。その歌詞から始まる曲である「万雷の拍手」の迫力が場内を包み込んでいく。そして「荒野に針路を取れ」で本編が終わり、吉野がようやく口を開き「オレたちイースタンユース、旅はまだまだ続くんだ」と去る。

イースタンユース すぐさま湧き上がる熱烈なアンコールに応えて、吉野の口笛から「夏の日の午後」。さらに「砂塵の彼方へ」。やはり、フロアが待っていた2曲であることは、歓喜する場内を見渡せばわかる。悲しみ苦しみと共に疾走していく曲がイースタンユースの真骨頂なのだ。メンバーが去り、客電が点いて、客出しのBGMが流れても、お客さんは帰らず拍手をして2度目のアンコールを求める。

 再びメンバーが現れて「夜明けの歌」。二宮はフロアに向かって投げキッスをして去る。そして、客電が点いて流れてきたのはクレイジーキャッツに在籍していた植木等で「だまって俺について来い」。「見ろよ青い空~白い雲~そのうちなんとかなるだろう」という植木等の天才的に能天気な歌声が沁みてきて泣けた。

— セットリスト —  

街の底 / 鳴らせよ 鳴らせ / 沸点36℃ / イッテコイ カエッテコイ / 茫洋 / ナニクソ節 / 月影 / 男子畢生危機一髪 / 青すぎる空 / 雨曝しなら濡れるがいいさ / テレビ塔 / 踵鳴る / 直に掴み取れ / グッドバイ / 万雷の拍手 / 荒野に針路を取れ

— アンコール —

夏の日の午後 / 砂塵の彼方へ

— アンコール2 —

夜明けの歌

イースタンユース

–>フォト・レポート

Share on Facebook

Information

Photos:
Keiko Hirakawa
keco@smashingmag.net
Facebook / twitter
Keiko Hirakawa's Works

Text:
Nobuyuki "Nob" Ikeda
nob@smashingmag.com
Facebook
Nobuyuki "Nob" Ikeda's Works

Write a comment