T字路s @ 朝霧アリーナ 2015.10.11

泥に唄えば
テキストレポート – T字路s「泥に唄えば」 @ 朝霧アリーナ 2015.10.11

T字路s

 二日目のムーン・シャイン・ステージ、二番手に登場したT字路s(ティージロス)は、クール・ワイズ・マンの篠田智仁(B.)、伊東妙子(G. Vo.)によるデュオだ。フェスやワンマンなどではサポートメンバーを迎えることがあるが、この日は彼らのみ。バンド編成での賑やかな展開もオツだが、楽器にせよ、伊東の声にせよ、「T字路s」そのものの息づかいや、唄ごころが直に伝わってくるのは、やはり二人だけの編成だ。

 ライヴは、“その日暮らし”から、ゆったりと始まった。篠田は、眼をつむり、自らが響かせる低音に体を揉みほぐされているかのような表情を浮かべながら、緩やかで優しいうねりを創りだしている。リズムを弾く、というよりは、リズムを置いていく、といった印象だ。

T字路s 伊東はというと、軽やかなステップなどを繰り出して、快活に振る舞っている。眉間にしわを寄せ、大きなギターに隠れそうなほどに小柄な体から、吠えるような声を絞りだして、空気を震わせる。曲の良さを抜きにし、声の力だけをとってみても、人を振り向かせる力があるいっぽうで、MCにおける伊東は、唄でのやさぐれた感覚を忘れてきたかのように、のほほん、とした口調となり、かわいらしさが前面にでてくる。そこを突っ込まれると、「かわいかぁないわよ!」と、昭和の姐さんのような、照れ隠しを漏らすといった調子だ。それがまた、かわいらしさに拍車をかける。

 最新作となる、『Tの讃歌』がカバー・アルバムということもあって、“少年”(浅川マキ)や、“襟裳岬”(森進一)といったカバー曲なども披露された。二人ならではの、緩やかな中に激しさを匂わせるアレンジが施されているが、すべてを自分流に染めるというよりは、「隙間」や、「余韻」といったものを大切にしている印象。オリジナルへとバトンを渡して初めて完成するカバー曲、といった意識が見え隠れする。

T字路s T字路s初の朝霧ジャム出演は、“この夜いつまで”における転調や、“泪橋”での絶唱など、何度も盛り上がりのピークを迎えた。伊東の声のささくれ度合いと、しっとりと濡れたような音を生みだすフルアコの調子が、そのままオーディエンスの盛り上がりに直結する。ステージ前のオーディエンスたちを見やれば、度を越した泥遊びに興じながらも、口元はしっかりと歌詞を追っていて、ずいぶんと可笑しい。

 空を灰色に塗る雲も、小雨も、T字路sの前では、オーディエンスの体力を奪えなかった。T字路sが唄う、「応援歌」の演出として存在していたのだ。

— set list —
その日暮らし / 風来坊のララバイ / Baby Won’t You Please Come Home / 少年 / 交差点 / この夜いつまで / 襟裳岬 / 泪橋 / これさえあれば / 新しい町 / T字路sのテーマ

T字路s

–>フォト・レポート or サニーデイ・サービス (Sunny Day Service)

Share on Facebook

Information

Photos:
Miyuki "Sam" Samata
sam@smashingmag.com

Miyuki "Sam" Samata's Works

Text:
Taiki "tiki" Nishino
taiki@smashingmag.com
Facebook
Taiki "tiki" Nishino's Works

Write a comment