スペシャル・アザーズ (Special Others) @ 朝霧アリーナ 2015.10.11

「今日はいい日だ、幸せ者です」−みんな待ってた太陽、富士山、スペシャル・アザーズ
投稿 – スペシャル・アザーズ (Special Others) in 朝霧ジャム – イッツ・ア・ビューティフル・デイ! @ 朝霧アリーナ 2015.10.11

SPECIAL OTHERS

 2日目、昨夜から断続的に降っていた雨は小休止。ぬかるみのできたレインボー・エリアに、それでもパンパンの観客が開演前に集まった。寒さ対策、雨対策姿の観客が、リハーサルの音だけで、既にリズムを取り始める姿も見えた。メンバーが出てきて「ピービー」からライブがスタートすると、待ってましたとばかり、お客さんが一斉に揺れ出す。音楽とお客さんの楽しそうな雰囲気が、雨が止んで明るくなった空気に、一気に楽しい色を着ける。「スペアザ」、ご本家ジャムバンド。知っているひとも知らない人も、誰でもおいでよと開放的な旋律が鳴る。

SPECIAL OTHERS 2曲目「グッド・ラック」で、灰色の雲が切れて太陽が顔を出した。リズムに乗りながら、お客さんがステージの向こう側を見上げて指をさす。4曲目、新曲だという「アイル・ビー・バック」演奏後、自分たちが出ると晴れるんだよ、天気予報でとっくにそんな予報が出てるよと言われたけどね。そんなMCが入ったけれど。にこにこ笑顔の客席は、言葉や声よりも雄弁で色彩豊かなスペアザの音楽が、お客さんのグルーヴや歓声、さらにはエリアの空気に温度に景色、朝霧のすべてを楽しい雰囲気に巻き込んで、太陽に顔を出させたと信じただろう。

SPECIAL OTHERS 今年はスペアザ10周年。他の追随を許さない程、野外が似合うバンド。空気に色をつけ、自然の中に溶け込みもし、少ない言葉のコーラスが誰の邪魔もすることなく、聞いた人の気持ちを気楽に、楽しい気持ちにさせる。うっかりその音楽に体の全部を預けていると、いつの間にか変化していくリズムやテンポに、すっかり取り込まれて乗せられてしまう。「いつかは海外でも..」なんて言葉もステージの上で飛び出したが、彼らの音楽は、世界中のどこででも、そこを楽しい空気のカタマリにして、太陽まで呼び出してしまうだろう。「今日はいい日だ、幸せ者です」そう思いながら(本当にそんな声が出ていたそうですが)演奏していたと言っていたけれど、演奏の音だけでそれは十分に伝わっていた。

「アイムス」のリフが流れて、一際大きな歓声が上がる。何度、彼らのライブのトリを飾った曲だろう。さすがご本家ジャムバンド、演奏の中で遊ぶような、二度と聴けないアレンジが同じ曲の同じシーンを何度でも新しくする。肩車の上で揺れる子供(と大人)、全員が思い思いのダンスで沸くその最中、何人かの観客が、今度は後ろを振り返った。もしかして、と、つられた人も体をずらして振り返る。太陽に続いて富士山が、昨日からもう一度、朝霧ジャムをのぞきに顔を出していた。

SPECIAL OTHERS

— set list — (原文のまま)
PB / Good Luck / BEN / I’ LL BE BACK / AIMS

Text by :Maika Takahashi

–>フォト・レポート or エイチ・ゼットリオ (H Zettrio)

Share on Facebook

Information

Photos:
Taio Konishi
taio@smashingmag.net
Web Site / Facebook /instagram
Taio Konishi's Works

Text:
contributor


contributor's Works

Write a comment