ザ・ゴー!・チーム (The Go! Team) @ 朝霧アリーナ2015.10.10

とにかく人生楽しんだもん勝ち!
テキストレポート – ザ・ゴー!・チーム (The Go! Team)「とにかく人生楽しんだもん勝ち!」 @ 朝霧アリーナ2015.10.10

The Go! Team

 英国産お楽しみヒップホップ軍団のザ・ゴー!・チーム開演数分前、レインボー・ステージに「今夜は踊り倒すぞ!」てな感じのパーティー・ピープルがどんどん集結してくる。期待に応えるべくバンドメンバー一同が真剣な面持ちでサウンドチェックを入念に行っている。今夜は冷える(本日トリのチック・チック・チックのニックが短パンで登場するか心配だ…が、そんな心配は杞憂に終わることとなる)が、ステージ前方はお客さんが醸す出すワクワク感でじんわりと暖かい。

 開演予定時刻を過ぎ、バンドメンバーとスタッフが一斉にはけると、待ちわびたフロアの群衆から大歓声が巻き起こった。ステージが暗転し、メンバーが颯爽と登場。MCのニンジャは心配してしまうほどのスポーティーで健康的な出で立ちだ。まずは挨拶代わりにザ・ゴー!・チームの名を世に知らしめた「ザ・パワー・イズ・オン」からキックオフ!バンド総統のイアン・パートンと、新加入のドラマー、シモーンが叩き出すツー・ドラムの強靭なビートが何とも心地よい。本曲終盤における、クールな出で立ちの新顔、シェリルが奏でるベースがブンブン唸り最高だ。

 続くは最新作『ザ・シーン・ビットウィーン』からの心地よ過ぎるサイケ・ポップ・ナンバー「ザ・シーン・ビットウィーン」だ。朝霧にもってこいの澄み渡った音が響き渡る!イアンがサンプラーでビートを刻み、スパンコールが煌びやかなドレスに身を包んだ新加入のマッキーがアコギを爪弾きながら可愛らしく歌いあげるのだ。お次も新譜からの1曲で、サビの疾走感がたまらない「ウォーキング・ザ・ジェットストリーム」を披露。マッキーがマイクを片手にキュートに飛び跳ねポニーテールを揺らす。彼女のいまひとつの発声なんて関係ない。ステージから溢れ出る楽しい雰囲気こそがザ・ゴー!・チームのライヴの真骨頂なんだから。

The Go! Team ニンジャのお馴染み「オトコノコー!、オンナノコー!」コール&レスポンスが炸裂し、彼女がビシバシきめる流麗なフロウとサム・ドゥークがかき鳴らすギターの轟音に大盛り上がりだった「グリップ・ライク・ア・ヴァイス」の後の小休止でニンジャが”Asagiri JAM!! Are you ready for shake your booty!?”と叫び「”Booty”て日本語で何て言うの?」と確認する。クラウドは「おしりー!!」と返す最高に楽しいやり取りに一帯は幸せなオーラに包まれるのだ。そして投下したのはファースト・アルバム『サンダー・ライトニング・ストライク』からのインディー・ポップ感満載の「ハドル・フォーメーション」。青いギター・フレーズに思わず涙がちょちょぎれてしまう。

 サムが座って奏でる哀愁漂うバンジョーの旋律に、イアンの物憂げなブルース・ハープが響き渡る。思わず隣に居合わせた人を愛したくなるような美しいインスト曲「エヴリワンズ・ア・ヴィー・アイ・ピー・トゥ・サムワン」だ。そう、みんな誰かにとってかけがえのない大切な人なんだ。暖かいヴァイヴに包まれ、手を挙げウェーブするオーディエンスを、ニンジャが嬉しそうに写真に収めていた。

The Go! Team 冒頭でニンジャがジャンプを促すMCを入れ「キーズ・トゥ・ザ・シティ」がスタートすると、ジャンプし後方から前に押し寄せてくるクラウド。本セット一番の盛り上がりだ。フロアの熱気に呼応し、根っからのエンターテイナーたるニンジャがマイクのコードを使って縄跳びまでかませば、バンドは更に熱量を上げていくのだ。彼らがいかに観客の力を自らの力に取り込むバンドなのかが見て取れる。

 ラストは、スパイス・ガールズ調のトラックにお祭りの高揚感を加味して突っ走る「アポロ・スロウダウン」にて大円団を迎える。シンバルの鳴りを強調したイアンのドラムビートが飛び交う中、オーディエンスは手を突き上げ、踊り倒す。フロアのみんなの楽しみ切った様子を見届け、バンドは鼓膜に穏やかに響くノイズを残し、ステージを後にした。

 バンドの司令塔であるイアンがほぼ独りで製作し、自分の世界観を表現することに徹底的にこだわるアルバムと対照的に、ライヴにおいては多彩な楽器を操り、楽しくてしょうがないといった笑顔いっぱいのパフォーマンスを届ける素敵な仲間たちとともに、ヘタウマ感あふれる音を出力するのだ。今宵、朝霧に居合わせた中で、一期一会と、最も楽しみ尽くしたのは間違いなくザ・ゴー!・チームの面々だろう。

The Go! Team

— set list —
The Power Is On / The Scene Between / Waking The Jetstream / Grip Like A Vice / Hubble Formation / What D’You Say? / She’s Got Guns / Get It Together / Gaffa Tape Bikini / T.O.R.N.A.D.O. / Everyone’s A V.I.P. To Someone / Blowtorch / Keys To The City / The Art of Getting By (Song for Heaven’s Gate) / Buy Nothing Day / Apollo Throwdown

–>フォト・レポート or ダークスター (Darkstar)

Share on Facebook

Information

Photos:
Miyuki "Sam" Samata
sam@smashingmag.com

Miyuki "Sam" Samata's Works

Text:
Takafumi Miura
tak@smashingmag.net
Facebook
Takafumi Miura's Works

Write a comment