総集編フォト・レポート(アリモトシンヤ編) @ 朝霧アリーナ 2015.10.10 – 11

続くフェス、続かないフェス、その違いはなんだろう
特集 – 総集編フォト・レポート(アリモトシンヤ編) in 朝霧ジャム – イッツ・ア・ビューティフル・デイ! @ 朝霧アリーナ 2015.10.10 – 11

朝霧ジャム - It's A Beautiful Day!
朝霧ジャム - It's A Beautiful Day!
朝霧ジャム - It's A Beautiful Day!
朝霧ジャム - It's A Beautiful Day!
朝霧ジャム - It's A Beautiful Day!
朝霧ジャム - It's A Beautiful Day!

 フェスティヴァル(以下、フェス)は「フェス・バブル」という言葉を耳にする程に、全国各地に増え続けている。いつからか、フェスは早ければ春先から始まり、秋頃まで毎週のように各地で行われるようになってきた。誰もが知っていることだろう。
 
「チケットが完売した」と案内されるフェスも多い。だが、チケットが完売するのは出演アーティスト発表後であることがほとんどだ。それらのフェスに比べて朝霧ジャムはどうだろう?チケット発売と同時に、場内駐車券付きのチケットは売り切れ、アーティスト発表前に他の券種も売り切れ間近となるのだ。恐らく、このような現象が起こる国内フェスは僕が知っている限り朝霧ジャムだけだ。

 何故だろう。きっと朝霧ジャムには他のフェスにはない魅力があるからに違いない。

 では、朝霧ジャムの魅力とは何だろう。家族や友人たちと楽しむキャンプ?料理?酒?富士山?焚き火?… 数えたらキリが無い。そして、その全てがライヴとは関係が無い。もちろん音楽フェスにおいて、世界各国から集まるアーティストの素晴らしいライヴが重要な役割を担っていることは間違いない。しかし、朝霧ジャムという空間において、ライヴはそれほど重要ではないのではないか… 僕は朝霧高原で過ごす観客の笑顔を見て、そう思ってしまう。きっと皆はあの自由な雰囲気の中で、大事な友人や家族と、特別な時間を過ごせたらそれでいい、そう考えながら朝霧高原を目指すのではないだろうか?

 きっと、朝霧ジャムを知らない人は言うだろう。「だったら、富士山が見える他の空き地でキャンプをして、好きな音楽を聴きながら友人と酒でも飲んでいたらどうだ?」と。

 だが、それは違う。少なくとも僕は朝霧ジャムという空間でキャンプをし、遠くのステージから聴こえる唄声をBGMに、美しい富士山を眺めながら、大切な友人たちと酒を飲み、下らない話をし笑って過ごすだけでも幸せだ。会場に入らず、ふもっとっぱらで一日中バーベキューを楽しむ人だっているのだ。きっと朝霧ジャムの観客は贅沢という言葉の本当の意味を知っているはずだろう。

 さて、話は変わるが、今年の春のことだ。地元の友人と酒を飲み交わし、今年フジロックに出演するアーティストについて語っていた時、ある人が「◯◯が出演しないなら今年は行かない」と言った。それに対して、別の人は「お前はフジロックが好きな訳じゃなくて、フジロックに出演するアーティストが好きなんだよ、おれは誰が出ても行く」と笑っていた。前者はアーティスト目的、後者は雰囲気を楽しみにフェスに行くという人だ。どちらが正しいのだろう。きっと答えはない。だが、音楽だけが目的なら、アーティストだけを寄せ集めた「フェスと名乗った音楽イベント」に行った方が良いのではないか。

 「◯◯が来るなら行く、◯◯が来ないから行かない」それも選択方法の一つだ。だけど、ライヴだけを楽しみにフェスに行くなんて、寂しくないか?ライヴ、ライヴ、休憩、ライヴと、普段の生活と変わらず、時間に追われて動くように、タイム・テーブルと睨めっこをして、予定調和に過ごすなんて。

 朝霧ジャムは「時間に追われた人」が少ないのが特徴的なフェスだ。いや、普段、時間に追われているからこそ「ここではゆっくり過ごそう」という人もいるのかも知れない。誰もが自由に、好きなように過ごす二日間。キャンプ・サイトを歩けば、美味しそうな料理の匂いに食欲を刺激され、笑顔で遊ぶ子どもたちに癒される。ステージ前ではライヴを楽しんでいる人の直ぐ側で、昼寝をしている人や縄跳びをしている人の姿を見ることができる。僕はそんなモア・ファンな人たちが大好きだ。

 念の為にもう一度言うが、音楽フェスにおいて、世界各国から集まるアーティストの素晴らしいライヴが重要な役割を担っていることは間違いない。だが、アーティストに頼りきっただけのフェスは長く続かないのではないか。

 例えが悪いかも知れないが「金の切れ目が縁の切れ目」という諺がある。アーティストを金と置き換えよう。ロケーションの他、沢山の過ごし方が選択できない無いフェスは、有名なアーティストをブッキングし続けない限り、いつか観客にそっぽを向かれて消えていくのではないだろうか?フェスの楽しみ方は人それぞれ、ライヴの他に、数多くの楽しみ方を選択できるフェスだけが「フェス・バブル」の中で生き残っていくのだろう。

 今年、朝霧ジャムは15周年迎えた。だが、15周年だからといって、特別なことは何も無かったように思う。良い意味で朝霧ジャムは、例年と変わらない、素晴らしい朝霧ジャムだったということだ。そして、沢山の人に愛されるこのフェスは「フェス・バブル」なんて言葉とは無縁である。朝霧ジャムはこれからも皆に愛され続けるだろう。

 イッツ・ア・ビューティフル・デイ!朝霧ジャムに愛を込めて。

–>Back to イントロ「あいにくの曇り空。でも、富士山のエネルギーに心が響く」




総集編フォト・レポート
小西泰央編 / 齋藤允宏編 / 佐俣美幸編 / 荒川菜摘編 / アリモトシンヤ編



Share on Facebook

Information

Photos:



's Works

Write a comment