コーパス・グラインダーズ (Co/SS/gZ, Copass Grinderz) @ 新木場 ファースト・リング 2015.10.24

轟音×シャウト×ノイズ=極まるカオス
フォト・レポート @ 新木場 ファースト・リング 2015.10.24

Copass Grinderz
Copass Grinderz
Copass Grinderz
Copass Grinderz
Copass Grinderz
Copass Grinderz
Copass Grinderz
Copass Grinderz
Copass Grinderz
Copass Grinderz
Copass Grinderz
Copass Grinderz

 ライヴとプロレスが同時に楽しめるイベント「キープ・オン・スマイリング2015」。バリエーションに富んだ出演者がリングとステージとフロアを縦横無尽に動きながらパフォーマンスを繰り広げ、轟音好き、アイドル好き、プロレス好きの観客がフロアに入り乱れる1日となった。

 トリとして出演した、コーパス・グラインダーズ。開催前にツイッターでゼロ(Vo)が「運営側からチェーンソー、ドラム缶、大地母の使用許可おりなく泣く泣く断念」「原付、火吹き、爆竹、ロケット花火の使用許可不可!」とツイート。一体何をたくらんでいたのか。気になりすぎる。

 そのかわり(?)最初は上半身裸にハーフパンツ姿で演奏していたゼロは、突如パンツ履き替えからの全裸を経て、曲が進むにつれて服を着ていく。ライヴ全編をとおした生着替えを披露するために、前日2時間もかけてムダ毛の処理をしたという。細やかな気づかいに涙が出そうだが、終始激しいモッシュが起こっていたステージ前の観客に気づいてもらえたかは不明。

 「コブラ」では、ミルクカウ(Milkcow)のツルが飛び入り。ゼロとツイン・ボーカルを取り、ステージ脇に高く積まれたスピーカーから飛びおりる暴れっぷりを見せる。冒頭からイベントにふさわしい、カオス度MAX。そんな中でも、際立つ境めぐみ(Dr)のパワフルさを保ちつつエレガントなプレイ姿と、ラウンド・ガールであるグラインダーズ(♡GrinderS♡)の、ノリノリでゼロとの絡みを見せるMIKO、クールでカッコイイWACのキャラクター。大地大介(Dr)の自由さと愛されっぷりも相変わらず。MCでおもむろに「草刈正雄です」と連呼し、その全然似ていなさに失笑を誘っていた。

 アンコールでは、映画『ビルとテッドの地獄旅行』のエンディング曲、「ゴッド・ゲイヴ・ロックンロール・トゥ・ユー」をカヴァー。「ロックは大袈裟でナンボ!」と言わんばかりの壮大なメロディー。いつも殺気をはらんだ演奏が冴える名越由貴夫(Gt)が、ニコニコと楽しそうにプレイしていたのが印象的だった。ゼロがステージ中央に立ち、コーラスを歌う姿もキマる。轟音とシャウトとノイズが、カオスあふれるイベントにさらなるカオスを何乗もして、エンディングを飾った。

 次回のライヴは、12月5日。イースタンユース主催の「極東最前線」に出演する。満を持してのイースタンユースとの対峙、見届けずして2015年は終われない。


— set list —
Ne/H/eL / COBRA / MONEY / J / In’n'out of Grace / PULSE GHOST / ANSWER / God Gave Rock ‘N’ Roll to You

Share on Facebook

Information

Photos:
Keiko Hirakawa
keco@smashingmag.net
Facebook / twitter
Keiko Hirakawa's Works

Write a comment