ヱビス・ロック・フェスティバル @ 西宮アミティホール

行政とロックバンドが手を組んで
フォトレポート –ヱビス・ロック・フェスティバル @ 西宮アミティホール

ゑびす・ロック・フェスティバル

 クリスマスを目前にした12月23日、ここ西宮市民会館アミティホールで『ヱビス・ロック・フェスティバル』が行われた。いまどき全席指定、いわゆる昔ながらの会館でロック・イベントが行われるのも驚きだが、主催が西宮市文化振興財団とキングブラザーズ、行政とロックバンドというんだから腰を抜かす。

ヱビス・ロック・フェスティバル
 阪神電鉄の西宮駅の戎口改札を出ると西宮戎神社への参道が、市役所口改札を出ると市役所に並んで立つアミティホールが見える。お世辞にも洗練された…とは言えない、のんびりした駅前風景だ。西宮市民会館アミティホールは西宮市民、通称『宮っ子』にとって学生時代の合唱コンクールや観劇など、各種文化イベント毎に訪れる馴染み深い場所だ。学生時代ぶりに足を踏み入れたアミティホールは昔のまま、当時と同じように緊張感を漂わせていた

ヱビス・ロック・フェスティバル
 15:30開演を5分程押して、キングブラザーズのケイゾウとマーヤが舞台に現れ、挨拶をする。終始笑顔の二人に、客席からも暖かい拍手が送られる。客席を見れば老若男女様々だ。この座席のある和やかな場で、ロックをぶちかませるのか? そんな心配が杞憂に過ぎなかったことは、この日のお客さん全てが証明してくれるはず。
 まだ座席に空きが見られた初回。次回からは中学生や高校生、あらゆる世代に西宮発のロックンロールを体感して欲しい。
 諸事情あり、出演者全てを取材出来なかったが、世界で一番ロックな町ニシノミヤの、新しい試みをご覧ください。
ヱビス・ロック・フェスティバル

–>フォト・レポート:
ア・フラッド・オブ・サークル
サカナモン
ザ・ピーズ
あいみょん
キングブラザーズ

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment