モップ・オブ・ヘッド(Mop of Head) @ 新代田フィーヴァー 2015.12.22

音楽で祭りを
テキスト・レポート「音楽で祭りを」 @ 新代田フィーヴァー 2015.12.22

Mop of head

 モップ・オブ・ヘッドは、新しいアルバム『ヴァタライズ(Vitalize)』を発表して、ツアーして周り、この日の新代田フィーバーがその最終日だった。21時ころに、ジェリー&ペースメーカーズユール・ネヴァー・ウォーク・アローン」が流れてメンバーが登場する。ライヴは「アクション」で始まり、キーボードのジョージとベースのヒトミ、そしてダンサーが手拍子を促す。

 バンドはみる度に進化している、と感じるのだけど、「音楽で祭りを作っていきたい」という核は変わらない。音楽でできる祭りが、彼らにとってはテクノだったのだ。それをシーケンサー類に頼らず全部人力でやってみたらどうか? という試みが初期のモップ・オブ・ヘッドであり、「アゲるんであればシーケンサー使ってもいいんじゃね?」というのが、『Breaking Out Basis』以降の彼らなのではないか。

 途中で、ケミカル・ブラザーズの「ヘイ・ボーイ、ヘイ・ガール」の引用をおこなう。自分のようにケミカルを聴いてきた人たちは、このサンプリング・ヴォイスを聴くと無条件でアガるようになっている。かつて「ブロック・ロッキン・ビーツ」をカヴァーしたり、MC5のサンプリングを通じたKLFへのオマージュなど、いつでも音楽で祭を作っていた先人に敬意を表する。

Mop of head 比較的長くとられたMCタイムでは、今回のツアーの感想をキクチとジョージがドラムのサトシへ振ると、食べ物の話しかせず、ステージを微妙な空気にした。他のトークでもジョージがメンバーへ容赦ない突っ込みをする。

Mop of head 今回のツアーで他の地域では演奏してなかった「クリスタル」、向井秀徳との仕事でも知られるLEO(レオ)今井が登場し「ワナダイ」を披露。続いてこの日、ライヴのゲストでも登場したCreepy Nuts(R-指定&DJ松永)(クリーピー・ナッツ)を迎い入れて「爆ぜろ」を演奏する。日本語ラップとモップ・オブ・ヘッドとの相性のよさを感じさせる。

Mop of head「フレッシュ」を経て「ブレイキング・アウト・ベイシス」がさらに進化した「B.O.B.」。ジューク/フットワークと呼ばれるダンスのジャンルの曲だけど、それがより研ぎ澄まされてきて、音もすごいのだけど、ダンサーの動きをみながらだとさらに進化を感じる。これで本編が終了。

Mop of head アンコールの前にジョージがひとりででてきて感謝を述べる。そしてヒトミが初めてヴォーカルをとる「スカイ」。これは、もう10年前に解散しちゃったけどスーパーカーのベーシストのミキを想起してしまった。バンドの紅一点、歌えるかわいいベーシストということで、今後の活躍を期待したい。そして最後は「スーパーヒューマン」。

 この内容ならフェスのいい時間帯でやればもっと人気がでるのではないか。例えば3日間おこなわれるフェスならみんなが元気があるときの深夜0時から1時くらいに登場すればすごく盛り上がるのではないかと思う。

— set list —  
Action / Uncontrol / Retronix / Crystal / Wannadie / 爆ゼロ / FFFFRESH!! / Breaking Out Basis

— encore —
Sky / Super Human

Mop of head

Share on Facebook

Information

Photos:
Ryota Mori
ryota@smashingmag.com
Web Site / Facebook / twitter
Ryota Mori's Works

Text:
Nobuyuki "Nob" Ikeda
nob@smashingmag.com
Facebook
Nobuyuki "Nob" Ikeda's Works

Write a comment