キングブラザーズ @ 下北沢シェルター 2016.03.18

最新型キングブラザーズ
フォトレポート @ 下北沢シェルター 2016.03.18

キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ

 それは、まだ誰も目にしたことのないキングブラザーズの新たな世界の幕開けだった。幾つもの扉を開けてここまできた彼等が今宵開いたのは、ドス黒いブルースの扉だ。暗転するといつもとは違うSEが流れ、現れた三人を取り囲む張り詰めた緊張感に、観客は期待で胸を高鳴らせる。まるで最後の夜かと見紛うほど鬼気迫る顔をしたケイゾウが、踊りまくってください!と煽るや否や、バンドはその爆音によって緊張の糸を断ち切った。

 ライヴ開始早々、立て続けに新曲が4曲演奏された。まだタイトルもつけられていないそれらは、圧倒的な存在感を見せつけた。ゾニーの打ち鳴らすドラムの音圧が、視覚と聴覚のみならず骨まで貫通させるほどの威力でもって、観客を前へ押し進める。マーヤは指にガラス瓶をはめ、スライド・ギターを披露する。往年のブルースマンの枯れたそれとはまるで異なり、あくまでも攻めのギターで、彼等が今まで持ち合わせていなかったドス黒いブルースの世界へと誘う。ケイゾウが吹くブルース・ハープも目にするのは初めてで、楽曲を生々しく縁取っていく。そんなスリリングな三人の間合いに、一音たりとも聞き逃さないという気迫で観客も応えていたのが印象的だった。

 一転、目つぶしの煌々としたライティングに変わり、ゾニーの合図で「Big Boss」が始まると、ステージ上に集中していたものが、会場内いっぱいに弾け飛ぶ。ここからは呪縛が解けたかのような爆発的なステージングになった。筆者は地元関西のライヴしか見た事がなく、この日だからなのか、否、東京だからなのか判断しかねるのだが、バンドと観客と双方の気合いが凄いのだった。マーヤは会場内をぐるぐると観客に移動させられながら即興の歌を披露する。それを追いかけるように高々と挙げられた拳のウェーヴがあちこちで巻き起こる。

 フロアに降りての演奏では、客が30センチ先まで迫る凝縮された空間に再び張り詰めた緊張感が生まれる。「×××××」でゾニーの重量感のあるドラムにマーヤのエッジの効いたギターが重なる時、ケイゾウが歌うそのフレーズが、今のキングブラザーズを象徴している気がして身震いした。『あるべき形、あるべき姿に戻るその時がきた ブルースの名のもとに』

 完成形だと疑わなかった出会った頃の3ピースの孤高のバンドは、今、完成形になるべく模索している。結成20年を前に、彼等はまだ始まったばかりなのかもしれない。

— set list — (原文のまま)
 
Song1 / Song2 / Song3 / Song4 / Big Boss / Spaceship / Paint It Black!! / マッハクラブ / Keep on Rollin’ / Get Away / King of Boogie / ☆☆☆☆ / スパイボーイズ / ××××× / ルル

__________________________________

「King Brothers 2016 Shelter One Man Live!!」 記念写真展も大盛況にて無事終えることが出来ました。ありがとうございました。またどこかで開催出来ればと思います。岡部”tommy”智子

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment