キングブラザーズ @ 大阪ライヴ・スクエア・セカンド・ライン 2016.04.29

お前のアイドルをズタズタに
フォトレポート @ 大阪ライヴ・スクエア・セカンド・ライン 2016.04.29

キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ

 タワーレコード梅田NU茶屋町店とキングブラザーズの共同企画イベント『キル・ユア・アイドル』が大阪ライブ・スクエア・セカンド・ラインで行われた。第1回目にはバンバン客に飛び込むという噂の、偶想Drop(ぐうそうドロップ)が招かれた。ライヴ・バンドならぬライヴ・アイドルだと言われるだけのことはある、体当たりのパフォーマンスに圧倒される。

 そしてキングブラザーズ。登場するや否や「ロックンロールでぶち壊しにきたぜ!」とケイゾウ(G/Vo)が叫ぶと、「マッハ・クラブ」の爆音が鼓膜を大きく震わせる。マーヤ(G)は最前列に突っ込むように激しく動くだけでは物足りず、1曲目からフロアに飛ぶ。「キル・ユア・アイドル」でケイゾウが「全員ロックンロールで皆殺しにしてやる」と叫ぶと、客もそれに反応し、もみくちゃになりながら踊る。続く「キング・ビート」を叩くゾニー(Dr)の打音は、さながら重機で地を掘り進むかのようなパワーで、アレンジ自体『星盤』収録の同曲よりも重量感とスピード感の対比がなんとも興奮させられる仕上がりで、今の彼等を象徴していた。

「西宮で最もヤバいアイドル、小山雅史マーヤ。キングブラザーズに入る為に西宮にやってきたイカれたアイドル、ゾニー。そして私西宮の大統領、松尾ケイゾウと申します。一番アイドルっぽいと思うんですけど!」というケイゾウのメンバー紹介に黄色い声援が湧き上がったところで「魂を売り飛ばせ」へ。毒舌を吐く一方で、マーヤが唯一ヴォーカルをとる「ゲット・アウェイ」のポップ感もダブル・ボーカルの明るさも、キングブラザーズの一面であることを忘れてはならない。アレンジを変えた「☆☆☆☆」では今日一段と饒舌なケイゾウが「踊るか死ぬかですから!」とフロア後方を指差し更に客を煽る。「ルル」では低音を鳴らすケイゾウのギター・ベースとゾニーのドラムが、マーヤのスクリームに応じて緩急をつける。「偶想ドロップ、飛び込むだけで終わるんじゃねえ!飛び込む先にロックンロールが待ってるぜ!」と叫び、この日のハイライトを迎えた、ように見えた。

 本編終えてすぐ三人が登場し、ケイゾウが笑顔で「自分の好きなアイドル応援してあげてください」と言ったそばから「ライブハウスはアイドルには譲れません、ロックバンドでやりまくりますから」と続け、偶想Dropを呼び込んだ。零(れい)が「アイドル舐めんじゃねー」と叫び、もはや誰が誰に喧嘩を売っているのかわからない状態だ。ただ、ロック・バンドもアイドルも、胸が締め付けられるほどに命懸けであることだけが伝わってくる。4人のアイドルが客の頭上でもみくちゃになりながらミネラル・ウォーターを次々と吹き出し、マーヤがその真ん中でギターをかき鳴らす。7人が誇らしげに笑顔でステージを去る様を見送りながら、まるでボクシングのタイトル・マッチを見終わった後のような疲労感と清々しさに、自然と客から笑顔と拍手がこぼれた。
 
— set list —

マッハ・クラブ / Kill Your Idor / キング・ビート / 魂を売り飛ばせ! / ××××× / スパイ・ボーイズ / Get Away / ☆☆☆☆ / ルル /

– encore –

Big Boss

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment