タカハシコウキ @ 下北沢シェルター 2016.04.29

静寂を唄う「アーティスト」
テキストレポート「静寂を唄う『アーティスト』」- タカハシコウキ in 宮川企画「マイセルフ, ユアセルフ」@ 下北沢シェルター 2016.04.29

「宮川企画」というのは、宮川、という音楽好きの男がコンスタントに開催している企画のこと。毎回、実に面白い視点で、「対バン」をしかけているため、その企画の名前はこちらにも聞き覚えがあった。

 まっ昼間に催された今回の「対バン」は(ソロ同士の今回において相応しい表現かどうかは置いておくとして)、奇妙礼太郎と、ペリドッツ(Peridots)のタカハシコウキだった。実は、以前に企画されていたものの、ひょんなことで2マンには至らず、タカハシのワンマンライヴとなっていた。その理由は後に説明させてもらうとして。

タカハシコウキ

 まずステージに出てきたのは、タカハシコウキ。登場するやいなや腕を振りあげ、「イェーイ」と発した。「昼間だから」というようなことを付け加えるあたり、けだるさを引きずるオーディエンスのテンションをあげる、ひとつの儀式のようなものだったのだろう。

 遊び心で幕を開けたライヴの一曲目は、”海と塵”だった。序盤はつま弾く形でギターの一音一音を置き、そこに声を乗せていくかのような、音数の少ない楽曲だ。収録アルバム『Follow the Stars』の冒頭を飾るこの曲は、淡々と進行しつつ、ゆるやかに激しさを増していく展開の妙がある。アルバムにせよライヴにせよ、ゼロの状態から動かし始めるにはうってつけだといえる。

 タカハシのMCには、毒っ気がある。「ゴールデン・ウィーク初日、昼間のライヴに来る皆さんに、”労働”という曲を捧げます」と、休みの出ばなをくじくようなことを言い放ったばかりか、散々ライヴハウスのオーディションに落ちたという経験を喋ったあとに、”誰も音楽なんて聴いていない”という唄を披露したのは可笑しかった。バンド編成においては、メンバー間のやりとりで和やかなムードが生まれるが、こと単身では、素の彼が持つスレた視点と、ユーモアが顔を出す。唄の詩も独特で、特定の相手に対する呼びかけの形で詩が綴られていることもあるが、ところどころに社会に対する解釈が見え隠れする。

タカハシコウキ 詩の世界を表現するために、タカハシはフルに才能を使っている。紙が擦れるような、か細い声色をはじめ、抑えた低音から突きあげる高音までをひと続きに発声する。ほかの唄い手であれば、あとは音程を下げるしか術がなくなる高さから、さらに上へ。声域が広いということは、別の見方をすれば、浮かんだイメージやアイデアのほとんどを諦めることなく楽曲を創ることができる、ということだ。それは、そっくりそのまま表現力へと結びついている。演奏し、唄ってはいるものの、同時に静寂が横たわっているかのような、不思議な魅力がある。

 アコースティック編成のライヴを初めて見た時だったか、彼の凄さは体感したものの、レポートを書こうなどとは一切思わなかった。想像出来なかった、というのが正しいかもしれない。彼が弾き語りでライヴをし、完成された詩、曲、声のみで等身大を前面に出すと、受け手は拍手をする以外はなにもできない。言葉を失い、息を飲んでしまう状況が生まれるのだ。こちらも、「ミュージシャン」というくくりで捉えようとしていたことがそもそもの間違いだった。彼は、本来の意味での「アーティスト」だったのだ。

タカハシコウキ

–>テキストレポート:奇妙礼太郎「日常の延長」

Photos by Kana Tarumi

Share on Facebook

Information

Photos:
Official Photographer


Official Photographer's Works

Text:
Taiki "tiki" Nishino
taiki@smashingmag.com
Facebook
Taiki "tiki" Nishino's Works

Write a comment