T字路s @ 下北沢シェルター 2016.06.10

千両役者のブルーズ
テキストレポート「千両役者のブルーズ」- T字路s in 宮川企画「マイセルフ, ユアセルフ」 @ 下北沢シェルター 2016.06.10

T字路s

 久和田佳代(オリジナルは笠置シヅ子)の「買い物ブギ」が流れるなかで登場したのが、ギター&ヴォーカル・伊東妙子と、ベース・篠田智仁のデュオ、T字路s。SEとしているわけでもないだろうに、まるで最初から決められていたかのようなハマりっぷりだ。というのも、伊東がステージにあがる時の勝負服、レトロなワンピースはいかにも昭和の商店街の昼下がりといった装いで、曲そのものの時代背景と合っている。さらに、伊東が敬愛してやまない、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドも、同曲をカバーしている。そんな、奇妙な偶然で幕を開けたライヴは、伊東の口上を経て、一気に動きだした。

「無いキ○タマを縮みあがらせておりますが、どうぞお付き合いのほど、よろしくお願いします」

T字路s

 このマクラは、DTBWBの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」ならびに、そのヴォーカルだった宇崎竜童が、ドラマ「必殺仕業人」オープニングで担当したナレーションからの影響と考えるのは、邪推だろうか。控えめな表現を使いながら、「(男と)同じ土俵でやらさせていただきやす」という啖呵(たんか)に等しく、竹原ピストルが放った熱がかすかに残るフロアに、さらなる火を入れることとなったのは事実。沸き起こった歓声に被せる形で鳴らされたのは、「その日暮らし」のイントロ、三拍子のリズムだった。

 篠田のベースは拍のアタマのみに音を置き、伊東のギターは細かなストロークで音の隙間を埋めていく。シンプルな編成のため、音の粒立ちのひとつひとつにも気を使っているのだろう、とても丁寧に、柔らかに鳴らされている。T字路sはどのライヴでも、しっかりとした踏み込みでだんだんと深みを持たせて、まず足場を固める。そこに、伊東の声を乗せることで、一気にやさぐれた空気をまとわせる。その声は、幾度となく体験していたとしても、変わらず新鮮なものとして響き、T字路sの最たる衝撃であり続ける。ダミ声の持ち主は、例外なく、経年変化で味わいが深まってゆくもの。綺麗な声ではないからこその愉しみがあり、深化することはあっても、衰えることはない。

T字路s

 伊東の声は、実のところ、この日「対バン」した竹原ピストルと踊ろうマチルダ、そのどちらよりも粗くて、荒い。それぞれのダミ声を形容するなら、「揺さぶる」のが竹原、「震わせる」のがマチルダで、この両者の声は、こちらの内面へと入り込んでくるもの。いっぽう、まるで質量を持っているかのように、外側から「揺らす」のが伊東だ。三者の中で、もっとも華奢(きゃしゃ)で、大きなギターの影に体が隠れそうにもかかわらず、ガツン、とくる、断トツのパンチ力を持っている。

T字路s「交差点」では、冒頭の唸りから聴く者をさらい、「今朝の目覚めは悪かった」では、哀愁が充ち満ちる。「泪橋」では、伊東の引きしぼるような絶叫が炸裂し、篠田はといえば、ベースラインの起伏に合わせて肩をすくめたり、のけぞったりと、体全体で演奏する。場数を踏み、慣れているとも言えるこれらの曲に、比較的最近になって発表された曲たちが続いてゆく。浅川マキの「少年」をカバーすれば、リスペクトとアレンジの両面で魅せ、初の映画主題歌、「はきだめの愛」では、与えられたテーマと自らの感性とを擦り合わせていたりと、新たな攻めを見せるのだ。

 硬派なライヴを繰り広げる反面、物販へと誘う「営業」のコーナーとなると、途端にノホホンとした雰囲気になる。これは、決して音源のみではわからない、T字路sの隠れた魅力のひとつ。伊東のセールストークは、かわいいというよりは、「カワユイ」もので、ここだけをとれば、伊東の地の部分が前面に出ている。ヒジにかけたオリジナルトートバッグから、物販の数々を取り出して紹介するさまは、「サザエさん」の中にあるような旧き良き日常の一コマのよう。伊東は、篠田の最たる趣味の「釣り」から生まれた、「T字路sオリジナルルアー」を紹介しながら、根っこのところではどうも用途を理解していないようで、いぶかしげな表情を浮かべていた。

T字路s ルアーを紹介している間、篠田は終始、苦笑いでやりすごしていたが、その直後にオチが待っていた。続いて披露されたのは、「これさえあれば」。ルアーさえあれば、篠田の日常はとても豊かだということを揶揄しているようで、やたらと可笑しかった。「小柄と大柄」、「喋りとだんまり」という、ステージ上における2人の対比のみならず、伊東ならばやさぐれた詩とMCの対比、控えめな篠田がふつふつと燃やす「釣り」に対する熱意だったりと、そこかしこにあべこべな状況があるのも、おもしろい。

 東日本大震災以降、市井のミュージシャンの中でカバーの輪が広がっている「新しい町」から、「T字路sのテーマ」へと続く終盤のコンボは、彼らの鉄板、キメ技だ。「遠山の金さん」で桜吹雪が出てくるような、はたまた「水戸黄門」で印籠が出てくるような感覚で、オーディエンスも「待ってました!」という反応を返す。篠田が刻むベースのリズムを追いかける形で、伊東のセミアコが小気味よく跳ねる。のみならず、伊東がアンプの上に登れば、泣きのフレーズを弾きたおし、身をよじらせ、足元はヒールながら大きなアーチを描くジャンプでステージへと着地。ブルーズの精神を借りながら、同時に楽しませることにも重きを置いたステージは、ブチ上げのまま終わったのだった。

 この日の3マン、竹原ピストルが言うところの「ダミ声選手権」は、T字路sが2番手でなければいけなかった。熱さを放つ竹原と、静けさを前面に打ち出す「現在の」踊ろうマチルダを立て続けに出演させるには、温度差が凄まじい。宮川企画には「メイン」という概念がまったくない代わりに、「この3者を同時に見たい」というファン心理がある。そこから、いよいよ企画を打つ段階になって流れを考えているように思う。それはまるで、オリジナルのミックステープ(=カセット)「マイセルフ, ユアセルフ」を創って、配っている感覚なのではないだろうか。

T字路s

–>T字路s(フォトレポート)

–>踊ろうマチルダ(テキストレポート)「大人のための童謡」

–>特集:宮川企画「マイセルフ, ユアセルフ」


— set list —
その日暮らし / 交差点 / 今朝の目覚めは悪かった / 泪橋 / 少年(浅川マキ) / はきだめの愛 / 電気椅子 – Send Me to the ‘Lectric Chair(Bessie Smith) / この夜いつまで / 襟裳岬(森進一) / これさえあれば / 新しい町(カンザスシティバンド) / T字路sのテーマ

Share on Facebook

Information

Photos:
Keiko Hirakawa
keco@smashingmag.net
Facebook / twitter
Keiko Hirakawa's Works

Text:
Taiki "tiki" Nishino
taiki@smashingmag.com
Facebook
Taiki "tiki" Nishino's Works

Write a comment