キングブラザーズ @ 神戸みなとのもり公園 2016.08.06

稲妻は頭上をゆく
フォトレポート @ 神戸みなとのもり公園 2016.08.06

キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ

 下戸なんである。日本一ぶちぎれたライブ・アクトを見せてくれる、西宮の狂犬ことマーヤ(G/スクリーム)は、酒が飲めない。がしかし、ライブ中何度も酒を催促してはイッキに飲み干し、身体は次第に紅く染まっていく。リード・ギターである彼のパートを代わりに受け持つのは、ハットをかぶった男、今村岳司西宮市長である。度々彼等とステージを共にしてきたせいか、バンドにしっくりとはまり違和感のかけらもない。

 みなとこうべ海上花火大会に合わせ、毎年行われている日本酒とライブのイベント『カンパイKobe』に、今年もキングブラザーズが出演した。セッティングをし始めると一転、雲行きが怪しくなってくる。前日もゲリラ豪雨が降った為、雷が鳴ればライブを中断します、というアナウンスが流れる。

 今村市長が奏でる音数の多いギターが加わることで聞きなれた楽曲にアレンジが施され、普段感じることのない、派手な華やかさが前面に出ていた。本気で市政の改革に切り込んでいった男の魂が本気のバンドの炎にくべられると、爆発的なエネルギーを生み出し、客は大盛り上がりだ。

 そこがライブハウスであれ、小さな野外イベントであれ、手加減ということをしない男である。マーヤは許容量をはるかに超えた飲酒を重ね「花火? あんなもんただの爆発や。お酒の力を借りなくても人間は爆発できると思う。俺はいつも素面でステージにあがっているが、お酒を飲む人間より爆発してきたつもりです!」と叫ぶ。組み上げられた照明のてっぺんまで昇り、客を煽る。白い雲が灰色に変わる空の下で人間避雷針になりはしないだろうか、切り裂く稲妻のように地上に飛び降りてしまわないだろうか、そんな心配をよそに彼は稲光のように縦横無尽に移動する。

 30分の短い時間に観客をこれほど楽しませ、胸を震わせ、踊らせてくれるバンドがあるだろうか。最後の音が鳴り響いた瞬間、雨粒が頬に落ちた。雨乞い成功、と不敵に笑うメンバーと、ステージに倒れたまま動かないマーヤを見て、最高だと思わない人間はいないと思う。

 彼等は10月29日(土) に地元西宮で去年に引き続き『ゑびすロックフェスティバル 2016』を西宮市民会館アミティホールにて開催する。今年のテーマが「落語とロックンロール」ということで、出演はキングブラザーズ、月亭方正、ザゼン・ボーイズ (Zazen Boys) 、オープニングアクト : トリコ (tricot) というメンツ。

 全席自由/ニシノミヤ特別価格2438円(枚数限定)
 *市内レコードショップ(市内タワーレコード、HMV)、および市内の文化施設窓口(アミティホール、フレンテホール、なるお文化ホール、プレラホール、甲東ホール)にて8/11(祝)より発売開始
 *一版プレイガイドチケットは、通常価格 ¥3800、(9/3 午前10時より発売開始) 

 です。是非西宮にお越しくださいね。


— set list —
ルル / 魂を売り飛ばせ! / Get Away / マッハクラブ /

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment