キングブラザーズ @ 梅田クラブ・クアトロ 2016.08.11

ロックンロール・エクスプレス
フォトレポート @ 梅田クラブ・クアトロ 2016.08.11

キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ

 最初から大阪は彼等をトリにと思っていたと、イベント発案者であるザ・ニートビーツの真鍋”Mr.Pan(パン)”崇の期待を乗せて、キングブラザーズがトリを飾る。

 皆さんのロックンロールを確かめに来た!とケイゾウ(Vo/G)の一声で、爆音がクアトロに満ちる。さっきまでのニートビーツが温めた歓楽のフロアは、3人の気迫に飲み込まれる。「キング・オブ・ブギー」の重たいビートと緊張感に、前列はこれ以上ないほどの前のめりで両手をステージに伸ばす。「まだまだ足りない、これじゃ終着駅に到着しない!」とケイゾウは自らを奮い立たせるかのように叫び続け、フロア奥深くまで眼光を向ける。「ビッグ・ボス」のゾニー(Dr)の轟音が、最初息を飲んで凝視していた観客を次第に揺らし始める。まるで観客の衝動に引火していくかのようだ。

 ギターリストとしてストイックに演奏していたマーヤ(G/スクリーム)は「マッハクラブ」で爆発する。フロアに飛び込み「最終の駅は梅田じゃない、ニ・シ・ノ・ミ・ヤ!」と叫ぶ。後方にむかってせりあがっているフロアをマーヤは人に担がれ、最上段まで登りつめる。フロアは熱狂の坩堝だ。

 本編7曲を演奏した後、ニ・シ・ノ・ミ・ヤ・コールの中、再び3人がステージに戻り「魂を売りとばせ!」が始まる。中盤いつものようにフロアにドラムセットを降ろす。だが、この日はこれで終わらなかった。マーヤがザ50回転ズとザ・ニートビーツを呼び込むと、ドラムセットが次々とフロアに運びこまれる。なんと、3ドラムがトライアングルを描くようにフロアの中央にセッティングされたのだった。全員参加の「ルル」に、クアトロの床も観客も上下左右に大きく揺らぎ、その頂点でマーヤが「ロックンロール」と叫ぶ完璧なショーがそこにはあった。

 真鍋”Mr.Pan(パン)”崇が「たまにはこういうのもええよね、またやったら次もご乗車よろしくおねがいします!」と挨拶し、極上の特急列車はその走りを終えたのだった。

 

–>ザ50回転ズ

–>ザ・ニートビーツ

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment