プライマル・スクリーム (Primal Scream) @ 新木場スタジオコースト 2016.10.20

大歓声と熱狂に彩られたステージ
フォト・レポート @ 新木場スタジオコースト 2016.10.20

Primal Scream
Primal Scream
Primal Scream
Primal Scream
Primal Scream
Primal Scream
Primal Scream
Primal Scream
Primal Scream
Primal Scream
Primal Scream

 プライマル・スクリーム、3年ぶりの来日公演が新木場スタジオ・コーストで行われた。序盤〜中盤は今年3月に発売された最新アルバム『カオスモシス』収録の曲と、おなじみの人気曲がバランス良く配置されたセットだった。

 ギタリストがアンドリュー・イネスひとりだったため、音の厚みがいままでの来日公演に比べるとやや劣るように感じたが、反復されるフレーズから高みに上り詰めていく持ち味は健在。ふわふわとした足取りで右へ左へと駆け寄り、観客を煽りながら歌ったかと思えば、スタンドマイクでけだるく歌う姿もセクシーなボビー・ギレスピーの存在感は、いっそう際立っていた。MCではボビーが誤ってもう1曲先の曲名を次の曲として紹介し、すぐに謝って言い直す微笑ましい場面もあった。

 終盤、「スワスティカ・アイズ」以降は、怒涛の代表曲の応酬だった。曲が始まるごとに大歓声が沸き起こり、観客の合唱とともに締めくくられたアンコールの「カム・トゥギャザー」まで、フロアのボルテージは全く下がることがなかった。両手を挙げて観客の熱狂に応えるボビーと、平日にもかかわらずビッシリと埋まったフロアが隅々まで大いに沸いたクライマックス。その光景は、じつに壮観だった。

- Set List (原文のまま)-
Movin’ on Up / Light Gets In / Jailbird / Accelerator / Damon Again / Shoot Speed / Cry Myself Blind / Higher Than Sun / Trippin’ / 100% or Nothing / Swastika Eyes / Loaded / Country Girl / Rocks

- Encore -
Come Together

Share on Facebook

Information

Photos:
Keiko Hirakawa
keco@smashingmag.net
Facebook / twitter
Keiko Hirakawa's Works

Write a comment