イースタンユース @ 京都KBSホール ボロフェスタ 2016.10.30

極彩色の夜明け
フォトレポート @ 京都KBSホール ボロフェスタ 2016.10.30

eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth

 京都のKBSホールで行われたロックフェス、ボロフェスタに出演したイースタンユース。昨年は地下のアンダーグラウンド・ステージで演奏し満員御礼となったが、今回は1階にあるボロフェスタで一番大きなファースト・ステージに、2日目のトリ前として出演した。

 サウンド・チェックからそのまま本番が始まり、1曲目は「テレビ塔」。ホールに響き渡る、吉野寿(G/Vo)の割れんばかりの絶叫が胸に迫る。次の「月影」はタメ気味のギターから、村岡ゆか(Ba)のゴリゴリのベースが攻め、田森篤哉(Dr)の牢固たるドラムとともに疾走。観客のシンガロングとともに、大いに盛り上がった。間髪入れずに「地下室の喧騒」が続いたあとには、「裸足で行かざるを得ない」。ますますフロアは熱を帯びる。濃いセットリストに思わずうならされる。

 喝采に沸くなか、吉野が「我々イースタンユースというバンドです。35分間いただいています。ほぼ、もうおしまいでございます」と挨拶すれば、すかさず「うそつけー、もっとやれ!」と野太いヤジが飛ぶ。場内爆笑。

 何百回とライヴで繰り返されてきた、あの聞いているだけで涙がこみ上げてくるような「夜明けの歌」のイントロが奏で始められると、歓声が次々に起こる。吉野が気合満点の掛け声とともにエフェクターを踏み込むのを合図にアンサンブルが爆発。同時にステージ後方のカーテンが開いていき、色とりどりの巨大なステンドグラスがお目見えした。

 これには今まで以上の驚嘆の大喝采がホール内に轟いた。ステンドグラスは徳力彦之助氏・康乃氏が製作した「天地創造」という作品。壁一面を覆い尽くす、きらびやかで壮大な作品との相乗効果によってもたらされた華々しさと爆音で演奏された「夜明けの歌」は、実に堂々とした響きだった。誰にでも訪れる夜明けの切なさを歌う普遍的な名曲だが、こんな極彩色でド迫力の夜明けも、たまには悪くない。

「街の底からやってまいりました。我々イースタンユース!」と吉野が大歓声のなか高らかに宣言して演奏された、ラストの「街の底」。強靭なリズム隊とギターがドライヴするなか、吉野は間奏で「よいしょッ!」「ドスコイ!」「ごっつぁんです!」の掛け声三点セットを放つ。フロアが沸きに沸き、ステンドグラスが燦然と輝くなか、メンバーはステージを後にした。

 今回の演出はフェスならではのもの。イースタンユースのコアな観客だけでなく、次の出演者目当てなどでそこにたまたま居合わせた観客をも一気に惹きつけていた様子は、痛快だった。常に質実剛健を地で行くイースタンユースだからこそ、この仕掛けがいっそう際立ったのだろう。そして「天地創造」を擁するKBSホールで行われた、ボロフェスタだけでしか観ることができないものでもある。ここにいることができたお客さんは、実にラッキーだった。


— set list —
テレビ塔 / 月影 / 地下室の喧騒 / 裸足で行かざるを得ない / 夜明けの歌 / 街の底

Share on Facebook

Information

Photos:
Keiko Hirakawa
keco@smashingmag.net
Facebook / twitter
Keiko Hirakawa's Works

Write a comment