ザゼン・ボーイズ (Zazen Boys) @ 西宮アミティホール ヱビス・ロック・フェスティバル 2016.10.29

鮮やかに立ち回る、その鍛え抜かれたグルーヴ
フォトレポート @ 西宮アミティホール 2016.10.29

ザゼン・ボーイズ
ザゼン・ボーイズ
ザゼン・ボーイズ
ザゼン・ボーイズ
ザゼン・ボーイズ
ザゼン・ボーイズ
ザゼン・ボーイズ
ザゼン・ボーイズ
ザゼン・ボーイズ
ザゼン・ボーイズ
ザゼン・ボーイズ

 「マツリスタジオからやって参りましたザゼン・ボーイズ」この日、幾度となく向井秀徳(Vo/G/Key)から放たれた言葉が、ざわついた会場をピンと張り詰めた空気で満たした。大きな歓声とともに迎えられた「ヒミツ・ガールズ・トップ・シークレット」の鍛え抜かれたリズムと呼吸が、観客を飲み込む緊張感と、集中力をもたらす。「泥沼」の吉兼総・通称カシオマン(G)の切れのいいリフに松下敦(Dr)と吉田一郎(B)のビートを乗せて、向井がキーボードを弾きながら切り込むようなボーカルを差し込んでいく。向井の声で曲の舵は切られ、都度光彩を放つ。「ずぼっとはまった西宮!」という声には、会場から大きな拍手が沸き起こった。その、気迫そのものがひとつの楽器であるかのように、いかようにも曲を変化(へんげ)させていく向井の声。柔らかい音のキーボートから生み出されるずれたコードの音ですら、心地よさを生む圧巻のグルーヴを見せた「コールド・ビート」。

 チューニングの間には、アンプの横に据えた小さなクーラー・ボックスから焼酎を取り出し、自らソーダ割りを作って飲みながらの向井は、この日終始機嫌がよかった。「キングブラザーズに体育館裏に呼び出されまして、軽くしばきあげられ西宮シティにやってまいりました」というMCで、客席は笑いに包まれた。

 メンバーがステージ中央に集まり、気合いを組み交わすかのような音の応酬に酔いしれた最後の曲「リフ・マン」。まるで剣術か殺陣を見ているような静と動の世界に、息をのむ呼吸さえ音になって聞こえてくるような圧巻のステージングだった。

— set list —
Sugar Man / Himitsu Girl’s Top Secret / 泥沼 / Cold Beat / 天狗 / 破裂音の朝 / Riff Man
 

–>キングブラザーズ

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment