キングブラザーズ @ 西宮アミティホール ヱビス・ロック・フェスティバル 2016.10.29

その瞬間を頂点として迎える為に
フォトレポート @ 西宮アミティホール 2016.10.29

キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ

 「スペシャル・ゲスト紹介します、今村岳司市長!市長がここにいるから、ここにしかないルールで皆さん踊りましょう!」ケイゾウ(G/Vo)のシャウトが満員のアミティ・ホールに響き渡ると、いつもの3人のシルエットに加えアンプに立つ西宮市長もが全開のライティングに照らされる。始まりの曲は、キングブラザーズ最速の1曲「マッハ・クラブ」だ。「西宮の皆さん、ロックンロールはみんなの力で0席に飛び込みます」と、マーヤ(G/スクリーム)はステージ前に集まった人々の真ん中にダイブする。彼の指示を受け、お客さんが固定座席の隙間をぬうように右へ左へ担いで移動する。見慣れた市民会館に見た事のない光景が広がる。「頑張れ、遅い!」を連発するマーヤと汗だくのお客さんの攻防に、最初はあっけにとられていた初見のお客さんも気が付くと笑顔を浮かべている。
 
 去年に続き、西宮市民会館「アミティ・ホール」で行われた『ヱビス・ロック・フェスティバル』は、オープニング・アクトのトリコ(trico)、ザゼン・ボーイズ(Zazen Boys)に月亭方正の落語を挟んで、トリのキングブラザーズへとなだれ込んだ。西宮市出身である月亭方正の出囃子をキングブラザーズが演奏するという、レアな場面も見られた。

 場所がどこであれ轟音を叩きだすゾニーのドラムが会館を揺らす「魂をうりとばせ」から、「×××××」のマーヤと市長のギターリフ合戦に、ケイゾウが「ずっと見てたいよ」と叫ぶ言葉どおり、会場全体がステージ上に夢中になるのが見てとれた。

 文教都市を宣言している西宮市の、市役所のすぐ横にある市民会館は、学校行事で度々訪れる西宮市民にとっては馴染み深い場所だ。合唱コンクールや観劇のみならず、西宮市を拠点に活動を続けてきたキングブラザーズのライブをここで見られる意味を、この日、集まったお客さん全員が感じ取ったのではないかと思う。全てのライブは彼等のその頂点である。「ルル」で会場全体に広がる「ニ・シ・ノ・ミ・ヤ」コールがこの夜のピークであったことは紛れもない事実だ。

 「いつだってなんだって出来るんだから、やりたいことやりましょう、西宮はそんな町だよ!」最後にケイゾウが締めくくった言葉に、西宮市がもつ懐の深さと、彼等の西宮への愛を再認識させられた。そんなキングブラザーズは今月、オーストラリアとニュージーランドを1ヶ月間ツアーで回る。その後12月はワンマン・ライブで1年の集大成を見せてくれる。是非、今の彼等を体感してみて欲しい。


— King Brothers One Man Live 2016—
 12月4日(日) 新代田フィーバー
 12月9日(金) 名古屋ハックフィン
 12月10日(土) 静岡フリーキーショウ
 12月18日(日) 梅田シャングリラ
 OPEN18:30/START19:00

 オフィシャル・サイト/peatix先行特別価格2016円[枚数限定] (11/ 5正午より発売開始)。
 前売一般3300円、高校生以下1500円、当日未定、(全て1Dr別、プレゼント付き)。一般プレイガイド及び店頭発売は11月11日より発売。高校生以下チケットの入場は当日学生証もしくは身分証明証証の提示が必要。

 詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

— set list —
マッハ・クラブ / 魂をうりとばせ / ××××× / Get Away / ルル /

–>ザゼン・ボーイズ (Zazen Boys)

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment