キングブラザーズ @ なんば 味園ユニバース 2017.01.21

伝える為に受け渡されるもの、その正体とは
フォトレポート @ なんば 味園ユニバース 2017.01.21

キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ

 この日、なんばの歓楽街にある味園ユニバースでは、裸絵札(2005年から活動しているハードコア日本語ラップ・ユニット)のリリース・パーティが行われた。猛者たちがノイズと爆音によってフロアを異様な雰囲気に塗り固めていく中、トリ前に現れたスーツ姿のキングブラザーズは、ひときわ異彩を放っていた。

 高いステージとフロアの間に柵などの客と演者を隔てるものはない。そこに張られていた緊迫感を帯びたやや排他的な気配を打ち破ったのは、ケイゾウ(Vo.G)のいつもより増して歪んだ凶悪なベースギターであり、売られた喧嘩に啖呵を切るかのような歌声だった。一曲目「ルル」ではマーヤ(G,スクリーム)が躊躇なく客に飛び込み、構える相手との距離を一気に縮めた。支える客に指示しながら、高速でフロアを移動させる。人の流れがとぐろを巻く。人から人へ受け渡しされていくマーヤ自身が、まるで”ロックン・ロール”の具象そのものだった。曲の終盤には、ステージ上から会場全体に広げられた彼等のテリトリーのど真ん中で「マザーファッカー!」と叫喚するマーヤのカリスマ性から人々が目を離せなくなっている、その痛快さといったらなかった。

 ケイゾウは「さぁ行こうぜ」を連呼し、続く「☆☆☆☆」「キル・ユア・アイドル」でも更に客に突き刺さすように歌い、叫び続けた。「ビッグ・ボス」では「世界一クールでビューティフルなギターを聞いてください」というMCでマーヤは踊り、飛び、汗を巻き散らしながら前のめりにギターをかき鳴らす。ケイゾウはギターを抱えたままステージから降り、肉声で客を次々と煽る。そんな中、ゾニー(Dr)はバンドのグルーヴを唯一無二の打音で操り、二人のギターリストの型破りなステージングを丸ごと受け止めるだけでなく、先陣をきりながら攻めている。魅せることを意識しているのか否か、代わる代わる見せ場をと持ち場を変えながら、決して途切れることのないグルーヴを産み出し続けることこそ、このバンドの魅力だ。

 バンドの向ける矛先が演奏中に徐々にシフトされていたことに気づくのは、最後の「虹と雲」でだった。浴びせられていた爆音のシャワーは鳴りやみ、ステージから猛々しさは取り払われた。静かに曲が始まると否応なしにケイゾウの歌声が、それまで血気盛んであった人々に広がり染まるのを感じた。曲のエンディングに向けて高鳴るゾニーの爆音と、マーヤの奏でる旋律を見せつけられると、考え尽くされたこの日のセットリストに感嘆するしかなかった。

 結界を破り、相手を呼び込み惹きつけ、最後に印籠を高々と差し出す水戸黄門よろしく、包み隠さず正体を明かす。それは、伝えたいことを伝える為の巧みな戦法だ。アウェイでのライブこそ、実は見逃せないのだと実感するに十分な時間だった。

— set list —
ルル / ☆☆☆☆ / Kill Your Idor / Big Boss / Spaceship / 虹と雲 /


 2/10(金)下北沢シェルター 宮川企画『マイセルフ , ユアセルフ』
  open18:45 start19:15
 2/11(土)高崎 club JAMMER’Sr 『NITE KLUB presents JET NITE』
  open/start16:00
 2/12(日)吉祥寺 ROCK JOINT GB 『Rama Amoeba VS KING BROS』
  open18:30 start19:00

 詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment