The Lumineers(ザ・ルミニアーズ) @ 赤坂ブリッツ 2017.04.10

巧みな強さ
テキスト・レポート「巧みな強さ」 @ 赤坂ブリッツ 2017.04.10

The Lumineers

 赤坂ブリッツは満員だった。19時10分ころ、フリートウッド・マックの「ザ・チェイン(The Chain)」が場内に流れる。お客さんの半分は外国人でないかと思うくらいの比率。日本以外でこの規模の会場はあり得ないからだろうか。自分の周りの外国人グループで「チェイン」に合わせて歌いだす人もいた(中間のベースソロまで再現していた)。そして客電が落ちてザ・ルミニアーズのメンバーたちが登場した。

The Lumineers ウェスリー・シュルツはフロアに背を向けピアノを弾きながら「サブマリンズ(Submarines)」を演奏する。歌詞に「ジャパニーズ」とあるところで歓声が上がる。次の「フラワーズ・イン・ユア・ヘア(Flowers in Your Hair)」からウェスリーはギターを手にして弾き語る。フロアに向かって合唱を要求し、声が小さいとさらに煽るなど、現場で鍛え抜かれた強さを感じる。それは、ウェスリーの声や楽器からでる音のひとつひとつにも感じることだ。

 というか、ライヴの序盤にウェスリーは怒っているのかと自分は思ったけれども、これはそういう声をしているのだと、ライヴが進んでいくうち耳にも馴染んできた。音源を聴くとアコースティックで当たりは柔らかそうなイメージあるのに、ライヴはハードな感触がある。現場でウェスリーの声が際立つといえる。

The Lumineers ウェスリーの他には、主にドラムのジェレマイア・ケレイブ・フレイツ、チェロを弾く紅一点ニーラ・パカレックがメインのメンバーで、そこにツアーメンバーが加わる。複数楽器を演奏できる人が複数いるので、曲ごとに自在に編成が変わっていく。フォークやカントリーをベースにしているけど、テンポ感やたまにシンセサイザーを隠し味的に使うところが現代的である。

The Lumineers 今のところの代表曲「ホー・ヘイ(Ho Hey)」も始まって数曲で披露された。後半の盛り上がりどころで演奏されるのではなく、いきなりの大盤振る舞い。中盤には恒例のフロアにメンバーたちが降りたくさんのお客さんをかき分け、フロアの真ん中で大勢の人たちに囲まれた中で演奏する。セットリストのサイトには「ダーリーン(Darlene)」と「Abe Song」とあるけど(2017.4.13閲覧)「Abe Song」でなく「ホエア・ザ・スカイズ・アー・ブルー(Where the Skies Are Blue)」だったような。

The Lumineers ステージに戻ってからさらに力強さは増し、トム・ペティ&ハートブレーカーズの「ウォールズ(Walls)」もカヴァー、そしてシンプルな弾き語りからメンバーが加わって盛り上がる「マイ・アイズ(My Eyes)」などドラマティックな演出が上手く本編を締めくくる。

 アンコールにはすぐ応え「ロング・ウェイ・フロム・ホーム(Long Way From Home)」、そしてボブ・ディランサブタレニアン・ホームシック・ブルース(Subterranean Homesick Blues)」を力強くカヴァー。そして合唱が起こった「スタボーン・ラヴ(Stubborn Love)」で締めくくった。やっぱりウェスリーの声には怒りや悲しみを踏まえた強さがある。それはボブ・ディランがそうであったようにと連想させるようなアンコールだった。

The Lumineers

Photo by Sotaro Goto

Share on Facebook

Information

Photos:
Official Photographer


Official Photographer's Works

Text:
Nobuyuki "Nob" Ikeda
nob@smashingmag.com
Facebook
Nobuyuki "Nob" Ikeda's Works

Write a comment