イースタンユース (eastern youth) @ 宮城 アラバキ・ロックフェスティバル 2017.04.30

一年一年、積み重ねていく
フォトレポート @ 宮城 アラバキ・ロックフェスティバル 2017.04.30

eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth
eastern youth

「去年、同じところでやったんですけど。『あれ? もしかして同じ服着てやってね? お前、やる気あんのか?』 みたいに思われる方もいると思うんですけど、去年と同じ服じゃないんです。(ポロシャツの襟と袖の)線の色が違うんです。今日のためにちゃんと新調してきました……ウソ!」

 14時30分。アラバキ・ロックフェスティバルの津軽ステージでは、演奏前のイースタンユースの吉野寿(G/Vo)が、毎年出演しているこのフェスならではのMCで、観客を笑わせていた。

 イースタンユースが毎年出演しているなら、毎年イースタンユースを観にきているお客さんもいるはず。同じ時間帯に他のステージでは超豪華なゲストが名を連ねる「Theピーズ30周年スペシャル」などもやっていたのだが、思いの外たくさんの人が津軽ステージに集い、イースタンユースの登場を歓迎していた。

 1曲目の「夜明けの歌」のイントロが鳴らされれば、ステージ前に詰めかけた観客から、待ってましたと言わんばかりの歓声が返ってくる。「荒野に針路を取れ」では村岡ゆか(Ba)、田森篤哉(Dr)が叩き出す、弾むリズムに身体を揺らして楽しむ観客もたくさん見える。快晴の下で観客の歌声とともに大いに盛り上がり、吉野も冴え渡ったパフォーマンスで魅せた「青すぎる空」と「浮き雲」。会場のあちこちで満開の八重桜を見ることができたなかでの「スローモーション」。どれもシチュエーションとあいまって、いっそう胸に迫る。

「老若男女、気の強そうな人、気の弱そうな人、男も女もいろんな人がいますよ。そういうの、一個の顔にならないでほしいね。『ロック好き、イェー! 一個の顔!』みたいなの、そんなの面白くないって! バラッバラがいいよ! それが街でしょ。街の底で生きていこうよ!」

 吉野は会場を見渡しながらそう語り、歓声とともに「街の底」が始まる。間奏では一音一音、吉野は鋭いギターの音色を軋ませながら大股で村岡に歩み寄り、翻って観客に睨みをきかせる。凄まじい気迫。3人が一丸となった、大熱演だった。曲が終わるやいなや、盛大な拍手が沸き起こる。アラバキ・ロックフェスティバルの観客の盛り上がりは、どこか特別なものを感じる。それはきっと、イースタンユースと観客が、この地で毎年積み上げてきたものなのだろう。


— set list —
夜明けの歌 / 荒野に針路を取れ / 青すぎる空 / 浮き雲 / スローモーション / 街の底

Share on Facebook

Information

Photos:
Keiko Hirakawa
keco@smashingmag.net
Facebook / twitter
Keiko Hirakawa's Works

Write a comment